【高校受験2018】長野県公立高入試再募集、飯田・大町岳陽など全日制42校

教育・受験 中学生

長野県教育委員会 平成30年度公立高等学校入学者選抜情報
  • 長野県教育委員会 平成30年度公立高等学校入学者選抜情報
  • 平成30年度長野県公立高等学校入学者選抜における再募集について
  • 平成30年度長野県公立高等学校入学者選抜における再募集について 実施校一覧
 長野県教育委員会は平成30年3月16日、平成30年度(2018年度)長野県公立高等学校入学者選抜における再募集実施校を発表した。全日制課程は42校60学科で718人を募集。出願は平成30年3月20日まで受け付ける。

 平成30年度公立高等学校入学者後期選抜は平成30年3月7日に試験を実施し、11,067人が受検。3月16日に入学予定者10,337人が発表された。入学予定者数が募集定員に満たなかった、全日制課程の42校60学科、定時制課程の15校17学科、多部制・単位制の2校4学科が再募集を実施する。

 全日制課程の募集人員は718人。学校ごとの募集人員では、飯田(普通)が6人、大町岳陽(普通)21人、大町岳陽(学究)1人を募集する。そのほか、中野西(普通)6人、上田千曲(家庭・食物栄養)1人、小諸(普通)5人、小諸(音楽)3人、佐久平総合技術(工業・機械システム)9人、 佐久平総合技術(工業・電気情報)3人、下諏訪向陽(普通)7人、塩尻志学館(総合)2人、穂高商業(商業)12人など。

 再募集の出願資格者は、後期選抜の学力検査を受けた者のうち入学予定者に内定しなかった者。ただし、病気や負傷など特別な事情により学力検査を受けることができなかった場合は、出願が認められることがある。出願受付期間は平成30年3月16日から3月20日午後5時まで。郵送による出願も受け付けているが、受付期間内に到着しないものは無効となる。入学予定者は、平成30年3月23日までに当該高校で発表される。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)