浅田真央、英語特訓中…目標は「スムーズに話せるように」

教育・受験 その他

浅田真央「自分がコーチをして、海外から先生を呼んだ時に通訳ができる」…ECC
  • 浅田真央「自分がコーチをして、海外から先生を呼んだ時に通訳ができる」…ECC
  • 浅田真央「自分がコーチをして、海外から先生を呼んだ時に通訳ができる」…ECC
総合教育機関のECCは、ブランドアンバサダーであり、現在、ECC外語学院に通学中の浅田真央に、英語学習についてインタビューを行い、インタビュー動画を公開した。

インタビューでは、英会話学習の状況をスケートに例えて欲しいと言われ、浅田は「まっすぐ滑って、後ろ向き滑れるようになって……くらいだと思います。しゃべるのがどうしてもちょっと考えてしまう部分があるので、目標はスムーズに話せるようになることかな?と思います」とコメント。

現役時代には、「海外の選手の子たちとも英語でもっとお話しできれば良かったな、と思ったこともありました」と明かした。また、振付けの先生とのメール交換時のエピソードとして、「英語通い始めたんだよー」って送ったら、「それはいいことだね!今度会う時にたくさんしゃべれるといいね。」というメッセージを頂きました」と明かした。

プライベートでも英語を話す機会があるという浅田は、「お友達にも英語をしゃべれる子もいるので、そういった子とはなるべく英語でしゃべろうかな、と思っています」とコメント。

さらに、将来のビジョンを尋ねると、「将来(スケートを)教えたとなって、海外から生徒が来たら、また(英語によって対応も)変わるだろうなと思う」と話し、「世界中に振付師の人がいるので、そういう先生ともコミュニケーションが取れるんじゃないかな、とか自分がコーチをして、海外から先生を呼んだ時に自分が通訳をして生徒に教えられるんじゃないかな」と、指導者としての道に意欲を見せた。





浅田真央「自分がコーチをして、海外から先生を呼んだ時に通訳ができる」…ECC

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)