U12サッカー「ダノンネーションズカップ」女子優勝は千葉のクラブ

 ダノンネーションズカップ実行委員会は、FIFA公認の12歳以下のサッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本国内大会決勝トーナメントを2018年4月2日(月)、駒沢オリンピック公園総合運動場にて開催した。

生活・健康 小学生
U12サッカー大会「ダノンネーションズカップ」日本大会、江南南サッカー少年団、千葉中央FC U12ガールズが優勝
  • U12サッカー大会「ダノンネーションズカップ」日本大会、江南南サッカー少年団、千葉中央FC U12ガールズが優勝
  • U12サッカー大会「ダノンネーションズカップ」日本大会、江南南サッカー少年団、千葉中央FC U12ガールズが優勝
  • U12サッカー大会「ダノンネーションズカップ」日本大会、江南南サッカー少年団、千葉中央FC U12ガールズが優勝
  • U12サッカー大会「ダノンネーションズカップ」日本大会、江南南サッカー少年団、千葉中央FC U12ガールズが優勝
  • U12サッカー大会「ダノンネーションズカップ」日本大会、江南南サッカー少年団、千葉中央FC U12ガールズが優勝
  • U12サッカー大会「ダノンネーションズカップ」日本大会、江南南サッカー少年団、千葉中央FC U12ガールズが優勝
ダノンネーションズカップ実行委員会は、FIFA公認の12歳以下のサッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本国内大会決勝トーナメントを4月2日(月)、駒沢オリンピック公園総合運動場にて開催した。

2017年度王者の「柏レイソルU-12」が初戦で敗退するなど、波乱の幕開けとなった日本国内大会「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」決勝トーナメント。グループ予選でも同グループだった「江南南サッカー少年団」と、「サンフレッチェ広島F.C ジュニア」が決勝戦に駒を進めた。

決勝戦は前半をスコアレスドローで送り返すと、後半からはドリブルを果敢に仕掛ける戦術をとった江南南サッカー少年団がチャンスを量産。コーナーキックのこぼれ球をゴールへ押し込み、先制戦を奪った。広島も反撃したが、試合終盤に大会MVPに選出された上西遥喜が3点目を決め、江南南サッカー少年団が3-0で優勝した。

初開催となった女子大会の決勝戦には、「千葉中央FC U12ガールズ」と「バディフットボールクラブ」が進出。堅守が特徴のチーム同士での対戦となった。後半開始早々、千葉中央FC U12ガールズの吉福紗帆が相手チームのクリアミスに反応し、ゴール。堅守で1-0のまま、千葉中央FC U12ガールズが勝利した。決勝ゴールを奪った吉福は、大会MVPに選出された。

優勝した「江南南サッカー少年団」と「千葉中央FC U12ガールズ」は、日本代表としてフランス・カンヌで現地チームと親善試合を行う。

また、当日は栄養セミナーを開催。大会アンバサダーで、元サッカー日本代表の前園真聖は、現役時代を「(食事についてあまり知識がなく)とにかく3食食べることを基本としていた」と振り返り、「こういう機会(栄養セミナー)が小学校の時なかったから、今の子供たちは羨ましい」と語った。

前園と共に管理栄養士も登壇し、カルシウムの吸収を助けるビタミンDをとることが「丈夫な骨を作る」とコメント。最後に、前園が子供たちにビタミンDが詰まったダノンヨーグルトのサンプルを手渡した。

U12サッカー大会「ダノンネーションズカップ」日本大会、江南南サッカー少年団、千葉中央FC U12ガールズが優勝

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)