TOEIC Program、2017年度総受験者数は約270万人

教育・受験 その他

 国際ビジネスコミュニケーション協会は2018年4月9日、2017年度(平成29年度)のTOEIC Program総受験者数は270万3,000人だったことを発表した。そのうち、受験者数がもっとも多かったのはTOEIC Listening & Reading Testで248万1,000人だった。

 日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)によると、英語で「話す(Speaking)」「書く(Writing)」力を測るニーズが高まっていることから、TOEIC Speaking & Writing Testsの受験者数は2006年から連続して増加している。2017年度の受験者数は3万8,000だった。

 企業・団体・学校などの採用団体数はTOEIC Program全体で約3,600。学校の入学試験や単位認定などに用いられるTOEIC Listening & Reading Testの受験者数は248万1,000人だった。

 2001年から開始されているTOEIC Bridge Testの受験者数は18万4,000人。TOEIC Bridge Testは、英語学習初級者から中級者を対象に、日常生活におけるコミュニケーションに必要な英語で「聞く」「読む」能力を測定するテスト。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)