京大天文教室in丸の内、2018年第1回は「望遠鏡の進化と宇宙像の変遷」5/11

 2018年5月11日、東京都千代田区の新丸の内ビルディングで「京大天文教室 in 丸の内 2018『望遠鏡の進化と宇宙像の変遷』」が開催される。理学研究科の長田哲也教授が講演予定。参加費は2,000円、高校生以下は500円。

教育イベント 中学生
 2018年5月11日、東京都千代田区の新丸の内ビルディングで「京大天文教室 in 丸の内 2018『望遠鏡の進化と宇宙像の変遷』」が開催される。理学研究科の長田哲也教授が講演予定。参加費は2,000円、高校生以下は500円。中学生以上を対象に、100名の参加を受け付ける。

 「京大天文教室 in 丸の内」は、京都大学の天文学者がファラデーの例にならい、金曜の夜に最先端の天文学の研究成果を市民にむけてわかりやすく講演する全10回シリーズ。2018年前期は、5月から9月まで毎月1回のプログラム実施を予定している。

 第1回にあたる5月11日には、長田哲也教授による講演「望遠鏡の進化と宇宙像の変遷」を開催する。参加を希望する場合は、Webサイトの申込みフォームに必要な情報を記入し、送信すること。

 第2回は6月15日に理学研究科の太田耕司教授による「銀河とその進化」を講演予定。2018年前期のプログラムは、京都大学産官学連携本部Webサイトで確認できる。

◆京大天文教室 in 丸の内 2018「望遠鏡の進化と宇宙像の変遷」
日時:2018年5月11日(金)19:00~20:30
会場:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階
対象:中学生以上
定員:100名
参加費:2,000円(高校生以下は500円)
申込方法:Webサイトの申込みフォームから申し込む
申込締切:定員に達し次第締め切る
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)