「ガッカリ感は拭えない」?WWDC 2018ハードウェアの新製品発表なし

デジタル生活 保護者

WWDC 2018 (c)GettyImages
  • WWDC 2018 (c)GettyImages
 米Appleは、現地時間6月4日(日本時間5日午前2時)、年に一度の開発者向けカンファレンス「WWDC 2018」をスタート。今年は、残念ながら新製品(ハード)の発表はなかった。

 今回のWWDCについては、開始前から新製品の登場に関する期待感が薄かったが、とはいえ(マイナーアップデートを含めて)新型MacBook Proや、新型MacBook、さらには新型iPad Proや、もしかしたらiPhone SE 2が登場するのではないかという噂があっただけに、多くの人にとって残念な結果だろう。思い返せば、このカンファレンスは"開発者向け"というのが伝統。今回の結果は、当然といえば当然なのかも知れないが、それでもガッカリ感は拭えない。

 基調講演では、iOSデバイス向けの次期基本ソフト「iOS 12」に関する説明が多くを占めた。特に、ARに関する説明については多くの時間が割かれ、同市場への本格的な参入を印象づけた。ピクサーとの共同によるARの新フォーマット「USDG」の開発は、ユーザーにARコンテンツの制作および共有を手軽なものとしたし、音声アシスタント「Siri」も進化した。

 同社は基調講演でほかに、「watchOS 5」や「macOS Mojave」を発表。重ねてにはなるが、いずれにせよ、新ハードの発表を期待していたユーザー(筆者含め)にとっては、かなり残念な発表会になってしまった......心なしか、会場に集まったファンからの歓声も、いつもより小さかった気がする。しかし、思えば、これこそが「開発者会議」。ポジティブに考えれば、9月頃に開催されるであろうSpecial Eventにすべてを集中した?......これはこれで良しとして、前向きに、これからの同社の動き、そして噂に注目していこう。

ちょっとガッカリ......?「WWDC 2018」はハードウェアの新製品発表なし

《Tsujimura@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)