米トイザラス、6/29までに全閉店…日本への影響は?

 アメリカの大手玩具販売トイザラスは、現地時間の6月29日までにアメリカ国内の全店舗を閉鎖することを決定。

教育業界ニュース その他
米トイザラス、米国時間6月29日までに現地ストアを全て閉店―日本は影響受けず
  • 米トイザラス、米国時間6月29日までに現地ストアを全て閉店―日本は影響受けず
  • 米トイザラス、米国時間6月29日までに現地ストアを全て閉店―日本は影響受けず
  • 米トイザラス、米国時間6月29日までに現地ストアを全て閉店―日本は影響受けず
アメリカの大手玩具販売トイザラス(Toys 'R' Us)は、現地時間の6月29日までにアメリカ国内の全店舗を閉鎖することを決定しています。

トイザラスは、2017年9月18日に米連邦破産法11条の適用を申請して破綻、2018年3月15日にはアメリカ国内の全735店舗を閉鎖することが決定しています。また、同時期に日本国内のトイザらスを運営する日本トイザらスは、トイザらス・アジア・リミテッドのプレスリリースの全訳として「日本国内におけるトイザらスは、米国事業の清算の影響を受けない」と発表しています。

国内外のトイザらスでは、任天堂商品の限定バージョンや、レゴの限定バージョンが販売されたこともありますが、破綻の直接的な原因としては、Amazonを始めとするネット通販に負けた、時代に販売形態などが追いつけなくなったとの声もあります。

こうしてまた一時代を築いた大手小売店が完全に終了してしまうこととなりましたが、今後、小売業界を含め、ゲーム・おもちゃ業界はどういった形態へと移り変わっていくのでしょうか。


米トイザラス、米国時間6月29日までに現地ストアを全て閉店―日本は影響受けず

《kuma》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)