【夏休み2018】肉眼・デジカメ、夏の夜空の明るさ調査…環境省

 環境省は2018年7月6日、2018年度(平成30年度)の「夏の星空観察について」発表した。星空観察を通じ、光害(ひかりがい)や大気汚染に気づくことを目的に、肉眼による観察とデジタルカメラによる夜空の明るさ調査を実施する。

趣味・娯楽 その他
 環境省は2018年7月6日、2018年度(平成30年度)の「夏の星空観察について」発表した。星空観察を通じ、光害(ひかりがい)や大気汚染に気づくことを目的に、肉眼とデジタルカメラによる夜空の明るさ調査を実施する。実施によせ、Webサイトに観察方法を示した資料を掲載している。

 「肉眼による観察」では、2018年8月2日から11日の期間、日没後1時間半以降に「天の川」と「はくちょう座」周辺の星を観察する。

 天の川の観察には「天の川観察シート」を用いること。シートに従い、肉眼でそれぞれの星座付近の天の川が見えるかを観察する。

 はくちょう座周辺の星の観察は、国際ダークスカイ協会(IDA)が2006年から行っている「GLOBE AT NIGHT(夜空の明るさ世界同時観察キャンペーン)」の一環として実施する。観察には「GLOBE AT NIGHT 観察シート」を利用すること。「GLOBE AT NIGHT」への参加による観察では、IDAのWebサイトに調査結果を報告すると、世界中にデータが共有される。

 「デジタルカメラによる夜空の明るさ調査」では、デジタルカメラを用いて天頂付近の星空を撮影し、星空の見やすさを客観的に評価する。観察は2018年8月2日から15日の期間に行い、撮影データはWebサイトを通じ、9月14日までに報告すること。参加に事前登録は必要ないが、3年程度の継続観察を希望する場合は、環境省への登録が呼びかけられている。

 「デジタルカメラによる夜空の明るさ調査」の結果は、観察場所ごとに環境省Webサイトで公表予定。観察シートのダウンロードや、観察方法のアドバイスや詳細は環境省Webサイトで確認できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)