埼玉県、部活動の在り方に関する方針を策定…ハラスメント例も収録

 埼玉県教育委員会は2018年7月13日、Webサイトで「埼玉県の部活動の在り方に関する方針」を策定したことを公表した。

教育・受験 中学生
 埼玉県教育委員会は2018年7月13日、Webサイトで「埼玉県の部活動の在り方に関する方針」を策定したことを公表した。

 平成30年3月にスポーツ庁が公表した「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」に則り、生徒にとって望ましいスポーツ環境を構築するために策定したもの。

 対象となる部活は、運動部だけでなく文化部も対象とした部活動全体。策定された方針には、適切な部活動運営のための体制整備に関する項目や、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなどのハラスメントの具体例を示し、適切な指導の実施を求める項目などが含まれる。

 適切な休養日の設定や学校単位で参加する大会・コンクールなどの見直しも含め、全5章と「県方針策定の趣旨等」「終わりに」で構成。詳細は埼玉県教育委員会のWebサイトで確認できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)