話題の絵本「コップってなんだっけ?」絵本ナビで全ページためしよみ

 1,000万人の絵本ためしよみサイト「絵本ナビ」は2018年7月24日、子どもの発想力がぐんぐん伸びると話題の絵本「コップってなんだっけ?」のみどころ紹介記事と「全ページためしよみ」を公開した。テレビでも反響の大きかった絵本を全ページ見ることができる。

教育・受験 未就学児
 1,000万人の絵本ためしよみサイト「絵本ナビ」は2018年7月24日、子どもの発想力がぐんぐん伸びると話題の絵本「コップってなんだっけ?」のみどころにフォーカスした紹介記事と「全ページためしよみ」を公開した。テレビでも反響の大きかった絵本を全ページ見ることができる。

 「コップってなんだっけ?」は、世界的に著名なデザイナー、デザインオフィスnendoの佐藤オオキ氏が初めて描いた絵本。楽しく読めて、これからの時代に必要な考え方が身に付く新感覚絵本として、日テレ系「アナザースカイ」や、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」などのテレビでも取り上げられ、反響があったという。

 絵本ナビでは、「どういうものが『コップ』なの?『コップ』って何だっけ?」と当たり前に思っている身近な物の形やデザインも、ちょっと見方を変えるだけで発想力がぐんぐん伸びると紹介している。佐藤オオキ氏の頭の中を覗いているような1冊で、日常の視点を少し変えるきっかけを与え、子どもはもちろん大人にもおすすめの絵本だという。初めて学ぶデザインの絵本としても親子で楽しめる1冊だ。

 絵本ナビは、2002年4月にオープンした参加型絵本紹介サイト。100社を超える絵本出版社の協力のもと絵本の画像や紹介文を掲載し、市販絵本のデジタル読み放題作品は190作品以上、Web上で「1冊につき1度だけ」全ページためしよみできる作品は2,000作品以上、一部ためしよみできる作品は8,300作品以上で、年間利用者数は1,000万人にのぼる。

 絵本ナビでは、「コップってなんだっけ?」をはじめ多くの絵本のためしよみができるほか、利用者による絵本ランキング、絵本作家へのインタビューなど、絵本を楽しむコンテンツをさまざま用意している。

◆コップってなんだっけ?
著:佐藤オオキ
出版社:ダイヤモンド社
価格:1,000円(税別)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)