【夏休み2018】JAXA調布航空宇宙センター「ひこうきの話をきこう」8月

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)調布航空宇宙センターは、未来の飛行機や飛行機が飛ぶ仕組みなどを学ぶ「ひこうきの話をきこう!」を2018年8月10日と15日、20日に開催する。参加費は無料で、当日先着順に受け付ける。

教育イベント 小学生
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)調布航空宇宙センターは、未来の飛行機や飛行機が飛ぶ仕組みなどを学ぶ「ひこうきの話をきこう!」を2018年8月10日と15日、20日に開催する。参加費は無料で、当日先着順に受け付ける。

 調布航空宇宙センターは、JAXAの中で航空技術の研究を推進する唯一の拠点。航空技術部門や研究開発部門があり、先進的な航空科学技術の確立や、長期的な視野に立った先進的な宇宙・航空分野の基礎・基盤技術の研究開発を行っている。

 JAXA夏休み航空企画「ひこうきの話をきこう!」は、難易度に合わせて3つのテーマで開催。難易度1は速さや大きさなどからどのような飛行機であるかを解説する「極超音速旅客機ってどんなひこうき?」。難易度2は次世代超音速旅客機を実現するための研究を解説する「未来の超音速旅客機」。難易度3は飛行機が飛ぶしくみについて解説し、さらに風洞体験コーナーに触れて理解を深める「飛行機が飛ぶしくみ」を行う。

 各回の定員は小学生30名。開催当日、各回開始30分前から先着順に受け付ける。保護者の見学(立ち見)もできるが、スペースに限りがあるため入室を断る場合もある。

 JAXA調布航空宇宙センターでは、2018年7月21日から8月26日の期間中、土・日・祝日も展示室を開館する。開館時間は午前10時から午後5時まで。展示室には、宇宙ステーションや月への飛行を模擬操縦体験できる「スペース・ミッション・シミュレータ」や、将来必要となる宇宙活動に向けた、さまざまな研究開発を紹介する「宇宙ゾーン」などがある。

◆JAXA夏休み航空企画「ひこうきの話をきこう!」
日程:2018年8月10日(金)・8月15日(水)・8月20日(月)
時間:10:30~/13:30~/15:00~(各回45分間程度)
会場:宇宙航空研究開発機構 調布航空宇宙センター展示室(東京都調布市深大寺東町7-44-1)
対象:小学生
募集人数:各回30名(当日先着順)
参加費:無料
申込方法:開催当日、会場設置の記名表に記入(各回開始30分前に受付開始)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)