まき割り・たき火体験など「東京の木で遊ぼう、東京の森を学ぼう」10/11-14

 京王電鉄は2018年10月11日から10月14日まで、京王あそびの森HUGHUG<ハグハグ>にて、木と触れ合うことで木材や環境への理解を深めるイベント「東京の木で遊ぼう、東京の森を学ぼう」を開催する。各種体験の対象は、6か月から12歳(小学生まで)の子ども。

教育イベント 未就学児
丸太切り体験(イメージ)
  • 丸太切り体験(イメージ)
  • まき割り・たき火体験(イメージ)
  • ぶんぶんゴマづくり(イメージ)
  • ハグハグ外観
  • イベント内容
 京王電鉄は2018年10月11日から10月14日まで、京王あそびの森HUGHUG<ハグハグ>にて、木と触れ合うことで木材や環境への理解を深めるイベント「東京の木で遊ぼう、東京の森を学ぼう」を開催する。各種体験の対象は、6か月から12歳(小学生まで)の子ども。

 「東京の木で遊ぼう、東京の森を学ぼう」は、「木育」「体育」「知育」をテーマとしたイベント。子どもたちが木に触れながら身体を動かし、考えながら遊ぶことで、環境への理解と成長を促すことを目的として実施する。

 期間中は、東京チェンソーズのスタッフによるサポートのもと、のこぎりを使用した丸太切り体験や、親子で参加できるまき割り・たき火体験、参加者と完成させる丸太や小枝で製作する小屋「ハグーのひみつきち」の展示、東京で育った木材を使用したおもちゃで遊ぶ体験など、さまざまなイベントを実施する。館内各所には、東京都にある森の面積や森の役割、林業の仕事などを子ども向けにわかりやすく紹介したポスターを掲出する。

 参加費は無料(「ぶんぶんゴマづくり」のみ有料)だが、館内のイベントおよび、まき割り・たき火体験の参加には別途入館料が必要。入館料は、子ども(6か月から12歳・小学生まで)が通常入館30分まで600円(以降15分延長ごとに200円課金)、平日フリーパスは1日1,400円、大人(中学生以上)が1日700円。15時以降入館のフリーパス「夕方親子パス」は、大人1名と子ども1名で1,400円(1名追加は、大人400円、子ども1,000円)。イベントによって、開催日時や定員の有無などが異なるため確認が必要。

◆東京の木で遊ぼう、東京の森を学ぼう
開催期間:2018年10月11日(木)~10月14日(日)
会場:京王あそびの森HUGHUG<ハグハグ>(東京都日野市程久保3丁目36-60)
対象:6か月~12歳(小学生まで)
参加費:無料
※ぶんぶんゴマづくりのみ有料(100円)
※館内のイベントおよび、まき割り・たき火体験の参加には別途入館料が必要
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)