2018年のノーベル賞、日本科学未来館からニコ生中継10/1-3

 2018年のノーベル賞が2018年10月1日から発表される。日本科学未来館では、科学コミュニケーターが受賞者を予想するほか、ニコニコ生放送で自然科学3賞(生理学・医学賞、物理学賞、化学賞)の発表の瞬間を3夜連続で生中継する。

教育・受験 その他
どうなる?!どうなった?!2018年のノーベル賞
  • どうなる?!どうなった?!2018年のノーベル賞
  • 日本科学未来館
 2018年のノーベル賞が2018年10月1日から発表される。日本科学未来館では、科学コミュニケーターが受賞者を予想するほか、ニコニコ生放送で自然科学3賞(生理学・医学賞、物理学賞、化学賞)の発表の瞬間を3夜連続で生中継する。

 ノーベル賞は、アルフレッド・ノーベルの遺言により「人類の幸福に貢献した人」に贈られる賞。中でも、ノーベル自然科学3賞は日本人の受賞が例年期待されている。2018年は、10月1日に生理学・医学賞、10月2日に物理学賞、10月3日に化学賞の順で受賞者の発表が行われる。

 日本科学未来館では10月15日まで、ノーベル賞の意義や受賞にふさわしい研究を科学コミュニケーターが15分間でわかりやすく解説する「科学コミュニケーター・トーク」を実施。受賞者の発表後は、「受賞した研究テーマ」の内容や受賞につながったポイントなどを紹介する。

 そのほか、科学コミュニケーターが選ぶ「ノーベル賞にふさわしい人・テーマ」を紹介するパネル展示も行い、投票シールを貼ることでノーベル賞の予想に参加できる予想パネルも用意する。受賞者の発表後は、2018年の受賞者とその研究テーマを解説するパネルを展示する。科学コミュニケーターブログでは、受賞予想や受賞内容についての記事を随時掲載する。

 ニコニコ生放送「ノーベル賞発表の瞬間をみんなで迎えよう!」では、ノーベル賞自然科学3賞の発表の瞬間を東京・お台場にある日本科学未来館から3日間連続で生中継する。各賞発表の瞬間は、会場であるスウェーデン現地「カロリンスカ研究所 ノーベル賞選考委員会」からの生中継映像で配信する。10月14日には、受賞内容を振り返る番組「誰でもわかる 今年のノーベル賞 ~生理学・医学 物理学 化学賞~」にて、科学コミュニケーターがわかりやすく解説する。番組視聴URLは、日本科学未来館のWebサイトにて確認できる。

◆日本科学未来館 イベント
<科学コミュニケーター・トーク/パネル展示>
期間:2018年9月19日(水)~10月15日(月)
※科学コミュニケーター・トークは11:30~11:45、15:30~15:45の1日2回開催(2018年9月23日(日)15:30~15:45は除く)
※火曜休館
会場:日本科学未来館 5階コ・スタジオ(東京都江東区青海2丁目3-6)
※パネル展示は3階ノーベルQも使用

◆ニコニコ生放送 番組
※いずれも放送終了時間は延長になる可能性がある
<ノーベル賞発表の瞬間をみんなで迎えよう!>
・生理学・医学賞
日時:2018年10月1日(月)17:00~19:00

・物理学賞
日時:2018年10月2日(火)17:00~19:00

・化学賞
日時:2018年10月3日(水)17:00~19:00

<誰でもわかる 今年のノーベル賞 ~生理学・医学 物理学 化学賞~>
日時:2018年10月14日(日)18:00~19:30
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)