高校生のソーシャル部活動「#せかい部」発足…海外情報共有

 留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」は2018年10月1日、高校生による高校生のためのソーシャル部活動「#せかい部」を発足させた。高校生であれば誰でも入部できる。

教育・受験 高校生
高校生による高校生のためのソーシャル部活動「#せかい部」
  • 高校生による高校生のためのソーシャル部活動「#せかい部」
  • 「#せかい部」ネットワーク
  • 「#せかい部」5つのアクション
  • 高校生による高校生のためのソーシャル部活動「#せかい部」
 留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」は2018年10月1日、高校生による高校生のためのソーシャル部活動「#せかい部」を発足させた。高校生であれば誰でも入部できる。

 トビタテ!留学JAPANは、文部科学省が主導する官民協働留学促進キャンペーン。東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年までに大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)への倍増を目指す。2013年10月に開始し、既に6,000名以上を選抜、約100か国に留学している。

 2015年12月から2017年9月の「トビタテ!留学JAPAN」派遣留学生への調査によると、留学した若者達は、一歩前のステップとして旅行などの気軽な海外体験を経ている傾向に着目したことに端を発し、ソーシャル部活動「#せかい部」を発足。海外に興味はあるが、留学となると他人事のように感じる「留学潜在層」にアプローチするには、自然に海外の魅力を知り、渡航を実現してもらうことが大切だとしている。

 「#せかい部」は、高校生が発信するリアルな海外情報を知り、学校や地域を超えて部員や海外にいる人たちとSNS上で交流できるソーシャル部活動。「#せかい部」の趣旨に共感した現役高校生10人が運営メンバーとなり、トビタテ!留学JAPAN事務局スタッフのサポートのもと、コミュニティーを盛り上げていく。

 高校生であれば誰でも「#せかい部」に入部できる。入部方法は、「#せかい部」のTwitterやInstagramをフォローするだけ。部員がハッシュタグ「#せかい部」を付け、海外ならではの動画や写真を投稿し合うことで、同世代が発信するリアルな「世界」を知るきっかけをつくる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)