写真も動画もたっぷり保存、子ども向け「myFirst Camera」

 Oaxis Japanは2018年11月15日、遊びながらクリエイティビティを育む子ども向けのトイカメラ「myFirst Camera」をAmazonで発売した。写真なら約4,500枚、動画なら約5時間分の保存ができる。価格は7,980円(税込)。

趣味・娯楽 未就学児
myFirst Camera
  • myFirst Camera
  • 写真は約4,500枚、動画は約5時間分の保存が可能
  • 子どもの発想力・感受性・想像力を伸ばす
  • 超軽量、シンプルな操作性を実現
 Oaxis Japanは2018年11月15日、遊びながらクリエイティビティを育む子ども向けのトイカメラ「myFirst Camera」をAmazonで発売した。写真なら約4,500枚、動画なら約5時間分の保存ができるほか、持ち運びしやすい超軽量、シンプルな操作性などを実現。価格は7,980円(税込)。

 AI時代に人間にしかできない領域を育む「STEAM教育」に早くから注目していたOaxis Japanは、新しい時代に生き生きと活躍できる子どもの知育に役立つさまざまなおもちゃ製品を世に送り出している。

 今回発売した「myFirst Camera」は、子どもの学習への取組みに喜びを与えるように設計されている。カメラにはフルHDカメラを搭載。写真なら約4,500枚、動画なら約5時間分の保存が可能な32GBのMicroSDカード(別売り)に対応。付属でSDカードリーダーも付属しているため、撮った写真をパソコンに保存することも可能だ。

 この撮って楽しい、観て楽しい多機能性カメラは、子どもの新しい「想像力」をかき立て、自分で撮ることで豊かな「想像力」を培うほか、新しい「発想力」や美しい「感受性」の成長も手助けし、新しい遊びの世界を提供する。さらに、自然に対する子どもの関心を幼い時期より養うことにもつながる。また、子どもの目を通して撮影した写真や動画を親子で共有するなど、新しいコミュニケーションツールとなる。

 そのほか、撮った写真をその場で「デコれる」機能も充実。40種類のプリクラフレームと撮影した写真を特殊効果で加工する機能が付いているほか、本体に貼れるステッカーも付属し、撮影の楽しさをさらに高めてくれる。

 こうした多機能性だけでなく、使いやすさにもこだわっている。子どもの手の平サイズに合わせたミニデザイン、気軽に持ち運べる約65gの超軽量を実現。スマートフォンでの撮影とは異なる、本物のカメラと同じシャッターボタンを押すスタイルを採用。カメラとビデオの切り替えもいたって簡単にするなど、シンプルな操作性を徹底した。

 さらに、丈夫なネックストラップが付属し、カバンやポケットから出し入れするわずらわしさや紛失の心配もない。アウトドアやお出かけにいつでも持ち歩けそうだ。

◆ myFirst Camera
スクリーン:1.5インチ
ストレージ:MicroSDカード(最大32GB)※別売り
バッテリー容量:1000mAh
写真の解像度:2,592×1,944
動画の解像度:1,920×1,080
重量:65g
価格:7,980円(税込)
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)