海や川に住む危険な生物がテーマ、しながわ水族館の春の特別展3/16-5/6

 しながわ水族館は2019年3月16日から5月6日まで、海や川などに生息する危険な生物をテーマとした、春の特別展「しな水の危険ないきもの大集合~これであなたも危険ないきもの通~」を開催する。期間中、ワークショップやスタンプラリーなどの企画も用意する。

趣味・娯楽 未就学児
しな水の危険ないきもの大集合~これであなたも危険ないきもの通~
  • しな水の危険ないきもの大集合~これであなたも危険ないきもの通~
  • ツノダルマオコゼ
  • ブルーカンディル
  • マダラサラマンドラ
  • ワークショップ「kerofull(ケロフル)」
  • ワークショップ「Diver's Stamp *Loghan*」
  • 危険ないきものクイズラリー「腕だめしデンジャラ」景品 オリジナルクリアファイル
  • レストラン限定メニュー「トマトの鉄鍋リゾット」
 しながわ水族館は2019年3月16日から5月6日まで、海や川などに生息する危険な生物をテーマとした、春の特別展「しな水の危険ないきもの大集合~これであなたも危険ないきもの通~」を開催する。期間中、ワークショップやスタンプラリーなどの企画も用意する。

 春の特別展「しな水の危険ないきもの大集合」では、海や川に生息する危険な毒針をもった生物や、食べると危険な毒を体内にもつ生物、刺されると危険なトゲをもつ生物、咬まれると危険な歯をもつ生物など約50種類を紹介する。おもな展示予定の生物は、刺されたら死にいたることもある強い毒をもつ「ツノダルマオコゼ」や、集団で獲物を襲う人食いナマズ「ブルーカンディル」、身を守るために毒液を噴射するイモリの仲間「マダラサラマンドラ」、全長最大約4メートルのサメ「シロワニ」など。

 期間中、小さな子ども向けのワークショップや危険生物に関するクイズラリー「腕だめしデンジャラ」を実施。ワークショップは、危険なカエルを手刷りして小物入れを作る「kerofull(ケロフル)」、魚のはんこでオリジナルのポストカードを作る「Diver's Stamp *Loghan*」の2種類を用意。クイズラリーでは、館内各所に展示している危険ないきものについてクイズ形式で出題し、全問正解者にはオリジナルクリアファイルをプレゼントする。企画によって実施日や参加費が異なるため、確認が必要。また、館内レストランでは限定メニュー、お土産ショップでは限定グッズの販売も行う。

 入館料は、大人(高校生以上)1,350円、子ども(小・中学生)600円、幼児(4歳以上)300円、シニア(65歳以上)1,200円(いずれも税込)。

◆しな水の危険ないきもの大集合~これであなたも危険ないきもの通~
期間:2019月3月16日(土)~5月6日(月・振休)
営業時間:10:00~17:00(2019年4月27日(土)~5月6日(月・振休)は9:00開館)
※最終入館は16:30
休館日:火曜日(春・夏・冬休み・GW、祝日は営業)、1月1日
会場:しながわ水族館 地下1階 多目的ホール内ほか、館内(東京都品川区勝島3-2-1)
入館料:大人(高校生以上)1,350円、子ども(小・中学生)600円、幼児(4歳以上)300円、シニア(65歳以上)1,200円
※いずれも税込
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)