千葉県立高校、冬季休業前後の転入学試験は全日制120校で実施

 千葉県教育委員会は2018年11月16日、平成30年度(2018年度)第2学期および第3学期始め(冬季休業およびその前後)における県立高等学校・県立中学校の転・編入学試験の実施予定について発表した。全日制高校では120校で転入学試験を実施する。

教育・受験 高校生
 千葉県教育委員会は2018年11月16日、平成30年度(2018年度)第2学期および第3学期始め(冬季休業およびその前後)における県立高等学校・県立中学校の転・編入学試験の実施予定について発表した。全日制高校では120校で転入学試験を実施する。

 転入学は原則として、保護者の転勤または転居した場合などにより在籍校に通学できなくなる生徒が対象。平成30年度(2018年度)第2学期および第3学期始めに転入学試験を実施する高校は、全日制120校、定時制17校。編入学試験を実施する高校は、全日制70校、定時制4校。通信制と県立中学校では転・編入学試験を実施しない。

 おもな全日制高校の試験日は、県立千葉(3年なし)が2018年12月3日、千葉東(3年なし)が11月30日、県立船橋(普通/3年なし、理数/3年なし・教育課程に注意)が11月28日、東葛飾(3年なし)が12月3日、佐倉(普通/3年なし、理数/2・3年なし)が12月13日に転・編入学試験を実施する。

 各校の日程は、千葉県Webサイトに掲載された一覧表で確認できる。一覧には、募集締切日や試験日が記載されているほか、市立高校の転・編入学情報も参考として掲載している。受験科目や受験の際に必要な提出書類など、詳細は各学校に問い合わせること。

 志願する高校を選択する場合は、「県立高等学校通学区域に関する規則」などに基づいて選択する必要がある。全日制の普通科では、自分が住んでいる学区と隣接する学区にある学校が志願できる。全日制普通科以外の学科と、千葉女子高校、幕張総合高校、木更津東高校は県内のどこからでも志願できる。各学区内の高校情報は、Webサイトの「県立高校の学区制のご案内」で確認できる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)