ヨコハマおもしろ水族館「お正月特別展示」12/29-1/6

 ヨコハマおもしろ水族館は2018年12月29日から2019年1月6日まで、お正月特別展示を実施する。縁起が良さそうな魚を集めた展示や、2019年の干支である「亥」に関連した魚の展示などを用意している。

趣味・娯楽 未就学児
お正月特別展示
  • お正月特別展示
  • ヨコハマおもしろ水族館
 ヨコハマおもしろ水族館は2018年12月29日から2019年1月6日まで、お正月特別展示を実施する。縁起が良さそうな魚を集めた展示や、2019年の干支である「亥」に関連した魚の展示などを用意している。

 ヨコハマおもしろ水族館は、横浜中華街の中にある水族館。お正月特別展示では、「謹賀新年『お正月水槽』」「お亀参り~2礼2拍手1亀~」「今年はボクの年!『亥年水槽』」の3つの展示を用意している。

 「謹賀新年『お正月水槽』」では、健康祈願や金運招来など縁起が良さそうな魚を集めた「海運UP水槽」を展示。体長40cmになるフエダイの仲間で、成長すると体の黒色の部分がだんだんと赤色になる「センネンダイ」、金色の縞模様が特徴的なテンジクダイの仲間「キンセンイシモチ」などがいる。団子のような外見のダンゴウオが鏡餅になるか実験をした「かがみもち水槽」も展示する。

 「お亀参り~2礼2拍手1亀~」では、長寿の象徴でもあるカメを祭る「亀神社」が登場。夜行性で、昼間はじっとして暮らす中国生まれの「ミナミイシガメ」を展示する。カメをなでて長寿祈願をすることも可能。

 「今年はボクの年!『亥年水槽』」では、2019年の干支である「亥」に関連した魚を展示。若魚のころは、体の縞模様がイノシシの子どもに似ていることから「ウリ坊」と呼ばれている「イサキ」、イノシシと同じように犬歯が発達しているのが特徴で、体の縞模様もイノシシに似た「ヒゲニジギンポ」などがいる。

 入館料は、大人(中学生以上)1,400円、小人(4歳以上)700円。65歳以上はシルバー割引適用で1,000円、障がい者手帳・愛の手帳・療育手帳所持者は当人と付添者1名まで700円で入場できる。団体料金あり(10名以上で適用)。前売券、各種割引も用意している。

◆ヨコハマおもしろ水族館 お正月特別展示
日程:2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)
会場:ヨコハマおもしろ水族館(神奈川県横浜市中区山下町144 チャイナスクエアビル3F)
入館料:大人(中学生以上)1,400円、小人(4歳以上)700円
※65歳以上はシルバー割引適用で1,000円、障がい者手帳・愛の手帳・療育手帳所持者は当人と付添者1名まで700円
※団体料金あり(10名以上で適用)
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)