ボタンを押すだけ「タクシーダッシュボタン」…塾などへの送迎も想定

 モバイル・コマース・ソリューションは、ボタンを押すだけでタクシーを呼ぶことができる日本初の配車用IoTデバイス「タクシーダッシュボタン」を製品化、2019年1月より運用を開始する。

生活・健康 小学生
タクシーダッシュボタン
  • タクシーダッシュボタン
  • タクシーダッシュボタンの使い方
  • タクシーダッシュボタン
  • ボタンを押すだけで呼べる「タクシーダッシュボタン」の運用開始
  • 確認(引受/拒否)
  • 配車手配
  • 配車受付システム
モバイル・コマース・ソリューションは、ボタンを押すだけでタクシーを呼ぶことができる日本初の配車用IoTデバイス「タクシーダッシュボタン」を製品化、1月より運用を開始する。

タクシーダッシュボタンは、高齢者を中心とした電話によるタクシー配車依頼をスムーズにするとともに、タクシー会社の配車受付(電話応対)の負担を軽減。つばめタクシー(新潟県)、タクシーのぱんぷきん(宮城県)、北部観光タクシー(沖縄県)、つきしろ交通(沖縄県)にて、2019年1月から運用を開始する。

新製品は、SIMを搭載することで、スマートフォンとの連動やWi-fiなど、通信設定の必要がなく、すぐに使用可能。また、高齢者でも使いやすいよう、音声案内や液晶での文字案内などを設けるとともに、電源ボタン、(1)ボタン、(2)ボタンの3ボタンで、ダブルクリック等のないシンプルな操作性を実現した。使い方は、タクシーダッシュボタンの電源を入れ、迎車場所を登録した(1)または(2)ボタンを押すだけ。タクシーの到着時間・号車番号が液晶画面に表示され、タクシーが到着する。

タクシーダッシュボタンからの配車依頼は、タクシー会社の配車受付システムが受信。電話応対不要で、複数の依頼を一度に受け付けることができる。また、事前に配車場所を登録するため、住所の聞き間違い等もなくスムーズに配車の受付ができる。さらに配車先だけではなく行き先の登録も可能。自宅から病院までといった高齢者の通院や妊婦の送迎、自宅から塾までなど、子どもの送り迎えなどにも利用できる。

ボタンを押すだけで呼べる「タクシーダッシュボタン」の運用開始

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)