【センター試験2019】平成最後、57万6,830人が志願…予備校などが分析や解答速報

 2019年1月19日(土)、全国の大学・短期大学852大学を試験会場に「平成最後」のセンター試験が始まった。1月18日に発表された変更後の確定志願者数は57万6,830人。一橋大学西キャンパスでのようすを取材した。

教育・受験 高校生
平成31年度センター試験が始まった(写真は一橋大学西キャンパス試験場のようす)
  • 平成31年度センター試験が始まった(写真は一橋大学西キャンパス試験場のようす)
  • 2019年度(平成31年度)大学入試センター試験の時間割
  • 平成31年度センター試験が始まった。写真は試験場へ向かう受験生
  • 試験場の前では受験票確認を受ける受験生の姿が見られた
  • 【センター試験2019】平成最後、57万6,830人が志願…予備校などが分析や解答速報
 2019年1月19日(土)、全国の大学・短期大学852大学が参加して「平成最後」のセンター試験が始まった。1月18日に発表された変更後の確定志願者数は57万6,830人。2019年度(平成31年度)大学入試センター試験は1月19日、20日の2日間で行われ、第1日はすでに午前9時半より「地理歴史・公民」の2科目試験が実施されている。

 2,790人の志願者が受験予定の一橋大学西キャンパス試験場(東京都国立市)では、午前9時ごろから校門をくぐる受験生が増え始めた。試験に臨む教え子を励まそうと集まった進学塾や予備校関係者らが「どう?調子は」と生徒に声をかけるようすや、「いつもどおりなら問題ない、もっとも気を付けてほしいのは寒さだから」と励ますOG・OBの姿もあった。大学によると、午前10時50分時点では目立った混乱はなく、試験は順調に行われている。

 大学入試センターによると、午前11時時点では福島大学試験場で試験時間の繰下げが発生した。JR東北本線が強風の影響で遅延したことが理由。「地理歴史・公民」の2科目受験者と1科目受験者の一部について、最大65分繰り下げて試験を開始した。大学入試センターは、全国の他試験場に関する情報も取りまとめているところだという。

 第1日の試験はこのあと、午前11時40分に「地理歴史・公民」の1科目選択受験が終了し、午後1時から「国語」、午後3時10分から「英語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」の外国語筆記が行われる。「英語」受験者は午後5時10分からのリスニングを受験し、19日の試験はすべて終了する予定。第2日は1月20日(日)午前9時半の「理科1」から始まり、午後4時40分からの「理科2」1科目選択試験を持って全日程が終了する。

 第2日の最終試験終了後は例年、大手予備校・塾・新聞社がWebサイトで解答速報や難易度、合否を分けたと思われるポイントなどを独自に公開している。早いところでは各教科・科目とも試験終了時から順次情報を掲載しており、解答速報だけでなく来年以降の受験生へのアドバイスなども公開される見込み。リセマムでも、特設ページ「センター試験2019」を公開し、各予備校の解答速報や難易度比較を一覧にして紹介する予定だ。

 試験後、追・再試験は1月26日(土)、27日(日)での実施を予定している。受験者数や平均点、最高点・最低点などの中間発表は1月23日(水)に実施される予定だ。

※編集部1月19日11時50分追記:午前11時時点の試験実施状況について追記しました。
《加藤ゆい》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)