三井住友銀行を騙るシンプルなメールに注意喚起

 フィッシング対策協議会は2019年1月17日、三井住友銀行を騙るフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起を発表した。

デジタル生活 その他
確認されたフィッシングメール
  • 確認されたフィッシングメール
  • 確認されたフィッシングサイト
フィッシング対策協議会は1月17日、三井住友銀行を騙るフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起を発表した。確認されたフィッシングメールの件名は、「Sumitomo Mitsui - メンテナンス」というもの。文面はシンプルで、「SMBCでは、現在下の環境で動作確認を行っています」として「ベリファイ」ボタンをクリックさせようとする。

確認されているフィッシングサイトのURLは以下の通り。

・サイトのURL
http://●●●●.co.za/smbc.html
http://www.●●●●.com/smbc.html
http://www.●●●●.com/2smbc.html

・転送先URL
https://smbc-co-jp-sumitomo-mitsui.●●●●.ca/

9月17日13時現在、フィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼している。同協議会では、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるとして注意を呼びかけている。また、このようなフィッシングサイトにてクレジットカード情報(カード番号、失効、セキュリティコードなど)、認証情報(パスワードなど)を絶対に入力しないよう呼びかけている。

三井住友銀行を騙るシンプルなメールに注意(フィッシング対策協議会)

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)