都内私立、転・編入試験(3学期末)中学100校・高校117校で実施

 東京都は2019年2月14日、2018年度第3学期末に実施する都内私立中学校・高校の転・編入試験について発表した。中学校は青山学院中等部など100校、高校は117校(このうち全日制は107校)で転・編入試験を実施する。

教育・受験 中学生
中学校・男子校
  • 中学校・男子校
  • 中学校・女子校
  • 中学校・女子校
  • 中学校・女子校
  • 中学校・男女校
  • 中学校・男女校
  • 中学校・男女校
  • 高等学校(全日制)・男子校
 東京都は2019年2月14日、2018年度第3学期末に実施する都内私立中学校・高校の転・編入試験について発表した。中学校は青山学院中等部など100校、高校は117校(このうち全日制は107校)で転・編入試験を実施する。

 2018年度第3学期末に転・編入試験を実施する学校は、東京私立中学高等学校協会の調査に基づき、2019年1月15日時点で取りまとめたもの。一覧には、各学校の募集人員や願書締切日、選抜日、試験科目、面接の有無、合格発表日、応募資格が掲載されている。

 転学とは、中学校や高校に在籍しており、空白期間がなく、引き続きほかの学校の相当学年に移る場合。編入学とは、高校に入学後、いったん退学した後に改めて入学する場合などを指す。

 私立中学校は、男子校が暁星や海城など8校、女子校が東洋英和女学院中学部や富士見丘など48校、男女校が青山学院中等部や國學院大學久我山など44校、計100校で転・編入試験を実施する。

 私立高校は、全日制107校、定時制2校、通信制8校、計117校で転・編入試験を実施。全日制107校のうち、男子校が暁星(普通)や成城(普通)など6校6学科、女子校が東洋英和女学院高等部(普通)や富士見丘(普通)など53校55学科、男女校が國學院大學久我山(普通)や工学院大学附属(普通)など48校・50学科。

 転・編入試験実施校については、東京私立中学高等学校協会のWebサイトにも掲載されている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)