子どもが主役の食育WS、2019年度「きのか蔵の会」50家族募集

 きのか蔵は、子どもたちが主役の食のワークショップ「きのか蔵の会2019」の募集を開始した。茨城県の里山学校などを舞台に、5月から11月にかけて年4回にわたり、田植え体験や農作物収穫体験などを行う。募集枠は50家族で、Webサイトなどで先着順に受け付ける。

趣味・娯楽 未就学児
きのか蔵の会
  • きのか蔵の会
  • きのか蔵の会
  • プログラム紹介
 きのか蔵は、子どもたちが主役の食のワークショップ「きのか蔵の会2019」の募集を開始した。茨城県の里山学校などを舞台に、5月から11月にかけて年4回にわたり、田植え体験や農作物収穫体験などを行う。募集枠は50家族で、Webサイトなどで先着順に受け付ける。

 きのか蔵は、1688年創業の柴沼醤油醸造18代目・柴沼秀篤が2018年に設立した、化学調味料や保存料、着色料などの添加物を一切使わない“無添加”にこだわった新ブランド。小さい子どもがいる家庭や、健康に気を遣っている人に安心して食べてもらえるような商品を展開している。2018年度には食に関するイベント「きのか蔵の会」も立ち上げ、素足で土を踏み、汗を流しながら農作業をする体験を通して、食べることの大切さや自然の素材の美味しさを実感する機会を提供してきた。

 2019年は、5月、6月、9月、11月の4回にわたり食のワークショップを開催する。5月には田植え体験、田んぼビュッフェランチ、醤油づくり、かぶの種植え、いちご狩りを実施。6月には柴沼醤油蔵見学や大豆種まき、カブの収穫などを、9月には稲刈り体験、ピザ作りランチ、ぶどう狩りを、11月には大豆収穫体験、里山BBQ、サツマイモ・大根収穫などを行う。1年を通して、泥だらけになりながら苗や種を植え、収穫し味わう、農作業の一連の流れが体験できる。

 募集枠は先着順で50家族限定。茨城県土浦市にある柴沼醤油醸造のほか、茨城県石岡市の朝日里山学校にて開催する。年会費は1家族あたり8,000円。以前に参加したことのある家族は5,000円。加えて、イベント参加費が1回あたり大人2,900円、子ども1,900円必要。小学生未満は無料で参加できる。参加家族には生醤油「お常陸」100mlが1家族1本贈呈されるほか、第3回の稲刈り体験の際には1家族約2キロのお米を持ち帰ることができる。

 申込みはWebサイトのほか、メール、FAX、電話でも受け付けている。募集枠に達し次第締切り。全4回すべてに参加する必要はなく、参加回を選んで参加することもできる。

◆きのか蔵の会2019
募集数:50家族
開催日・内容:
・第1回 5月19日(日)田植え体験、田んぼビュッフェランチ、醤油づくり、かぶの種植え、いちご狩り
・第2回 6月30日(日)柴沼醤油蔵見学、里山カレーランチ、大豆種まき、カブの収穫
・第3回 9月29日(日)稲刈り体験(1家族約2キロ持ち帰り)、ピザ作りランチ、ぶどう狩り
・第4回 11月24日(日)大豆収穫体験、里山BBQ、サツマイモ・大根収穫、柿狩り
開催場所:柴沼醤油醸造(茨城県土浦市)、朝日里山学校(茨城県石岡市)
参加費(すべて税込):
・年会費 8,000円/1家族(入会金3,000円+田んぼ・畑維持管理費5,000円)
※以前参加したことがある家族は入会金3,000円不要
・イベント参加費(各回)2,900円/大人1名、1,900円/子ども1名、小学生未満無料
申込方法:Webサイト、メール、FAX、電話のいずれかで申し込む
申込締切:募集数に達し次第締め切る
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)