山梨学院幼稚園・小学校「IB認定校」に、幼小一貫では全国初

 山梨学院幼稚園・小学校は、2019年2月8日付けで「国際バカロレア」初等教育プログラム(PYP)の認定校として承認されたことを発表した。幼稚園・小学校を9年間の一貫教育として申請しており、幼小一貫プログラムが国際バカロレア認定校となるのは全国初の事例だという。

教育・受験 未就学児
山梨学院幼稚園
  • 山梨学院幼稚園
  • 山梨学院小学校
 山梨学院幼稚園・小学校は、2019年2月8日付けで「国際バカロレア」初等教育プログラム(PYP)の認定校として承認されたことを発表した。幼稚園・小学校を9年間の一貫教育として申請しており、幼小一貫プログラムが国際バカロレア認定校となるのは全国初の事例だという。

 国際バカロレア(IB)は、ジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する国際的な教育プログラム。国際的な視野を持った人材を育成するため生徒の年齢に応じたプログラムを提供しており、3歳~12歳対象の「プライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP)」、11歳~16歳対象の「ミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)」、16歳~19歳対象の「ディプロマ・プログラム(DP)」「キャリア関連プログラム(CP)」の4つに分かれている。

 山梨学院幼稚園・小学校では、先の見えない時代を生きるこれからの子どもたちに、自ら学ぶ力、生涯学び続けられる力、考えの異なる人とも協力し問題を解決していける力を身に付けてほしいとの想いから、未来に向けた問題解決力を持ち、世界で通用する創造的な人材育成を目指す「国際バカロレア PYP」に申請。2016年3月1日に「国際バカロレア PYP候補校」として認定された。

 PYPは、3歳~12歳を対象に精神と身体の両方を発達させることを重視したIB初等教育プログラム。この度、山梨学院幼稚園・小学校は、幼小一貫9年間のプログラムを提供する「国際バカロレア PYP認定校」として、国内の一条校では全国で初めて承認された。同法人の山梨学院高校は、2017年1月に県内初の「国際バカロレア DP認定校」に承認されており、今後も学園をあげてグローバル化に対応した教育に取り組んでいくとしている。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)