ハーバード大生・院生と高校生の交流会3/18・19…参加者募集

 ベネッセコーポレーションが運営する海外トップ大学への進学希望者向け進学塾「Route H(ルートエイチ)」は、2019年3月18日にハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)生、3月19日にハーバード大学学部生と、日本の高校生との交流会を開催する。

教育イベント 高校生
ハーバード大生と高校生の交流会2019
  • ハーバード大生と高校生の交流会2019
  • ベネッセグループ
 ベネッセコーポレーションが運営する海外トップ大学への進学希望者向け進学塾「Route H(ルートエイチ)」は、2019年3月18日にハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)生、3月19日にハーバード大学学部生と、日本の高校生との交流会を開催する。

 ハーバード大学学部生の来日は、2003年に設立された、ハーバード大学に本部を置く学生主体の団体「HCAP(アジアにおけるハーバード大学プログラム)」の主催によるもの。将来世界のリーダーとなる学生たちのパートナーシップを築くことを目的に、毎年アジアの大学から5校が選考され、交流を行っている。一方、ハーバード大学ケネディスクール生の来日は、ケネディスクール日本会の企画によるもの。今回で学部生との交流会は13回目、ケネディスクール生との交流会は8回目の開催となる。

 今回の交流会プログラムは、ハーバード大生が「ハーバード大学を志した理由、現在、そして卒業後の夢」などを語り、それを踏まえて、高校生とハーバード大生が海外トップ大学で学ぶ意義などを対話する形式で実施。プログラムはすべて英語で行う。

 3月18日開催のハーバード大・ケネディスクール(HKS)生と高校生の交流会では、HKSやHKS生の紹介のほか、「進路・キャリア形成について考える」「ハーバードの大学院体験」をテーマとした2つのワークショップを実施する。参加人数は、HKS生が35名、高校生が40名。

 3月19日開催のハーバード大・学部生、東大生と高校生との交流会では、東大生・ハーバード大生によるプレゼンテーションやグループディスカッション、グループに分かれ浅草観光などを実施する。参加人数は、ハーバード大・学部生が12名、東大生が14名、高校生が40名。

 応募資格は、応募時に高校1年生または2年生であり、海外トップ大進学志望(または検討しており)、かつTOEFL60点以上またはそれに相当する英語力があること。申込みは、電話(Route Hのフリーダイヤル)にて受け付けている。締切りは3月15日。定員を超えた場合は、抽選にて参加者を決定する。

◆ハーバード大生と高校生の交流会2019
対象:高校1年生または2年生(応募時)
応募資格:海外トップ大進学志望(または検討しており)、かつTOEFL60点以上またはそれに相当する英語力がある者
募集人数:各日40名程度
締切:2019年3月15日(金)
申込方法:電話(Route Hのフリーダイヤル)にて申し込む
※定員を超えた場合は、抽選にて参加者を決定する

<ハーバード大・ケネディスクール(公共政策大学院)生と高校生の交流会>
日時:2019年3月18日(月)13:00~15:00(開場12:00)
会場:鉄緑会東興教室302(東京都渋谷区代々木1-60-11東京興産本社ビル3階)
※鉄緑会東京本部校舎とは異なるため注意が必要

<ハーバード大・学部生、東大生と高校生との交流会>
日時:2019年3月19日(火)14:00~17:30(開場13:00)
会場:ハロー貸し会議室・上野駅前(東京都台東区東上野3-37-9かみちビル5階)
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)