【高校受験2019】長野県公立高、後期選抜の志願状況・倍率(確定)屋代(理数)2.58倍など

 長野県教育委員会は2019年3月1日、平成31年度(2019年度)公立高等学校入学者後期選抜志願者数(志望変更受付締切後)を発表した。全日制は、募集人員1万642人に対して1万842人が志願し、確定志願倍率は1.02倍。

教育・受験 中学生
平成31年度長野県公立高等学校入学者後期選抜 学科別全権状況(全日制)
  • 平成31年度長野県公立高等学校入学者後期選抜 学科別全権状況(全日制)
  • 平成31年度長野県公立高等学校入学者後期選抜 学校別状況(全日制・第1通学区)
  • 平成31年度長野県公立高等学校入学者後期選抜 学校別状況(全日制・第2通学区)
  • 平成31年度長野県公立高等学校入学者後期選抜 学校別状況(全日制・第3通学区)
  • 平成31年度長野県公立高等学校入学者後期選抜 学校別状況(全日制・第4通学区)
  • 平成31年度長野県公立高等学校入学者後期選抜 学校別状況(県立定時制)
 長野県教育委員会は2019年3月1日、平成31年度(2019年度)公立高等学校入学者後期選抜志願者数(志望変更受付締切後)を発表した。全日制は、募集人員1万642人に対して1万842人が志願し、確定志願倍率は1.02倍。

 平成31年度(2019年度)長野県公立高校入試における後期選抜は、2月21日から25日まで出願、2月26日から3月1日まで志望変更を受け付けた。全日制は、募集人員1万642人に対して志願者数は1万842人。確定志願倍率は1.02倍となった。確定志願倍率を学科別にみると、普通科1.03倍、理数科等1.45倍、スポーツ科学科1.25倍、英語科等1.20倍、商業科1.02倍など。

 確定志願倍率がもっとも高かったのは、松本県ヶ丘(自然探求・国際探求)3.00倍。ついで、野沢北(理数)2.75倍、屋代(理数)2.58倍、飯田(理数)2.50倍。

 このほか、長野(普通)1.18倍、松本深志(普通)1.13倍、伊那北(普通)1.05倍、伊那北(理数)0.80倍、屋代(普通)0.99倍、上田(普通)1.10倍、野沢北(普通)0.95倍、諏訪青陵(普通)1.10倍、松本県ヶ丘(普通)1.20倍など。

 今後、3月6日に後期選抜の検査を実施し、3月18日に合格発表を行う予定。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)