JR東日本「ありがとう平成記念入場券」4/8より限定販売

 JR東日本東京支社は2019年3月26日、「『ありがとう平成』記念入場券」を4月8日から販売すると発表した。

生活・健康 その他
「『ありがとう平成』記念入場券」の台紙(左)と入場券(右)のイメージ。購入者にはオリジナル硬券型しおりも付く。
  • 「『ありがとう平成』記念入場券」の台紙(左)と入場券(右)のイメージ。購入者にはオリジナル硬券型しおりも付く。
  • 「ありがとう平成」のメッセージが印字された「都区内パス」。
JR東日本東京支社は3月26日、「『ありがとう平成』記念入場券」を4月8日から発売すると発表した。

4月30日をもって「平成」が終焉を迎えることを記念して発売されるもので、山手線29駅、中央線御茶ノ水~千駄ケ谷間7駅の入場券がセットになっている。

発売箇所はJR東日本のショッピングサイト「JRE MALL(ジェイアールイー・モール)」内のショップ「鉄道あんてな」のみで、4月8日12時~4月10日11時59分、4月10日12時~4月12日11時59分、4月12日12時~4月15日17時の3回に分けて2000セットずつが発売される。発売額は5040円(送料別768円)。

また、東京23区内のJR線普通列車の普通車自由席が1日乗り降り自由となる「都区内パス」(大人750円・子供370円)のうち、4月12~30日発売分は「ありがとう平成」、5月1~31日発売分は「ようこそ(新元号)」のメッセージが入ったものとなる。ただし、英語版のものや、自動券売機、多機能券売機で購入したものにはメッセージは入らない。

JR東日本でも平成の終わりを告げる記念入場券…平成と新元号のメッセージ入り「都区内パス」も発売

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)