高校生対象「AFS交換留学」参加生募集…一般選考A日程は5/23締切

 AFS日本協会は、高校生を対象とした交換留学「年間派遣プログラム」において、37か国・地域に旅立つ395名の参加生を募集している。派遣予定のすべての国に応募できる一般選考A日程は、試験日が6月9日、応募締切が5月23日(消印有効)。

教育・受験 高校生
 AFS日本協会は、高校生を対象とした交換留学「年間派遣プログラム」において、37か国・地域に旅立つ395名の参加生を募集している。派遣予定のすべての国に応募できる一般選考A日程は、試験日が6月9日、応募締切が5月23日(消印有効)。

 「AFS年間派遣プログラム」は、高校生を対象とした交換留学プログラム。参加生は、留学先でボランティア(無償)のホストファミリーに迎えられ、家族の一員として暮らしながら、派遣地域の高校で現地の高校生と同じ授業に参加し、同世代の仲間から多様な視点を取り入れて進路を検討していく。プログラム期間中は現地のボランティアが相談役となり、体験をより実りあるものに昇華できるようサポートする。

 第67期生の留学期間は2020年から2021年の1学年間で、留学先により出発・帰国時期が異なる。応募できる国は、アジア・北米・中南米・欧州・オセアニアの計37か国・地域。留学先の国は希望できるが、地域や学校の選択はできない。対象は、出発時に高校生となる中学3年生から高校2年生(一部高校3年生)まで。異文化への興味・関心が高く、応募時点で学業成績が中程度以上、学校長推薦が受けられることなどが条件。

 選考方法は、全国各地の会場で英語(約60分)、一般教養(30分)の筆記試験と面接(15分程度)を受ける「一般選考」と、在学校からの推薦書、ならびに自己PR書などをもとにした書類選考による「公募制推薦」の2種類。一般選考は、A日程・B日程・C日程・D日程・E日程がある。派遣予定のすべての国に応募できるA日程は、試験日が6月9日、応募締切が5月23日(消印有効)。B日程でも派遣予定のすべての国に応募できるが、アイスランド・オランダ・ラトビアはA日程優先となる。C日程以降では、応募できるのが募集継続国に限る。各日程の詳細はWebサイトにて確認できる。

 公募制推薦では、アメリカ・ヨーロッパ・派遣強化国に応募できる。先着順に受付し、推薦枠(非公開)が定員となり次第、募集を締め切る。ただし、ヨーロッパへの応募は5月31日まで。

 選考手数料は、一律2万2,000円。応募は、AFS日本協会Webサイト内オンライン登録画面にて受験者情報などを登録のうえ、必要書類を郵送すること。

◆「AFS年間派遣プログラム」第67期生募集
対象:出発時に高校生となる中学3年生~高校2年生(一部高校3年生)
募集人数:395名
選考手数料:一律2万2,000円
応募方法:AFS日本協会Webサイト内オンライン登録画面にて受験者情報などを登録のうえ、必要書類を郵送する

<一般選考・A日程>
試験日:2019年6月9日(日)
試験会場:旭川・帯広・札幌・北見・盛岡・仙台・新潟・岡谷・東京・静岡・名古屋・福井・大阪・鳥取・出雲・岡山・広島・山口・福岡・長崎・熊本・大分・宮崎
応募できる国:派遣予定のすべての国
書類受付期間:2019年4月15日(月)~5月23日(木)消印有効

<公募制推薦>
応募できる国:アメリカ・ヨーロッパ・派遣強化国
書類受付期間:2019年4月15日(月)~随時
※ヨーロッパは2019年5月31日(金)までの受付
※先着順に受付し、推薦枠(非公開)が定員となり次第、募集を締め切る
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)