鈴鹿サーキット2輪&4輪レース開催4/20・21「キッズピットウォーク」や交通安全教室など

 鈴鹿サーキットは、2019年4月20日・21日の2日間、国内最高峰の四輪・二輪レースを同時に楽しめる「2019 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」を開催する。

趣味・娯楽 未就学児
2018年 JSB1000 第2戦レースシーン
  • 2018年 JSB1000 第2戦レースシーン
  • Red Bull Toro Rosso Honda STR13 2019年カラー 展示&記念撮影
  • なりきり!MotoGPライダー
  • キッズカート体験
  • 親子で学ぼう!交通安全
  • New Sports Experience
  • トライアルバイクショー
  • 2019年プレシーズンテスト 2018年チャンピオン山本尚貴の走り
鈴鹿サーキットは、4月20日・21日の2日間、国内最高峰の四輪・二輪レースを同時に楽しめる「2019 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」を開催する。

国内最高峰の四輪レース「全日本スーパーフォーミュラ選手権」の開幕戦は、レース距離が2018年開幕戦の300km(51周)から、昨年ファイナルラップまで優勝争いがもつれ込んだ最終戦と同じ250km(43周)で行われる。また新型シャシー「SF19」のデビューレースとなるほか、世界各国から集まった若手有力選手の参戦もあり、予想の難しいレースとなっている。

国内最高峰のニ輪レース「全日本ロードレース選手権シリーズ 第2戦」は最高峰クラスJSB1000のみが開催され、20日14時45分から14周、21日11時から18周で、それぞれスプリントの決勝レースが行われる。

レース以外にも見どころは満載。4月20日・21日両日の9時から17時まで、最新のホンダ製品を見て、ふれて、体験することができる「エンジョイホンダ 2019 鈴鹿サーキット」を、STEC(交通教育センター)全面を使って開催する。レッドブル トロロッソ・ホンダのF1マシン「STR13」を展示するほか、キッズカート体験やトライアルバイクショー、親子で学べる交通安全教室など、家族連れからモータースポーツファンまで楽しめるイベントとなっている。

また、GPスクエアに設置される「NGKスパークプラグ オフィシャルステージ」ではJSB1000のライダー、スーパーフォーミュラのドライバーや監督などのトークショー、サーキットを彩るレースクイーンステージなどを開催。さらに、家族で参加できるイベントとして、「スーパーフォーミュラ ピット訪問」と「キッズピットウォーク」の開催も決定した。

前売りチケットは全席自由席で大人4000円(ゆうえんちモートピアパスポート1日券付)、中高生1700円(パスポート付は4000円)、小学生800円(同3100円)、3歳から未就学児600円(同2000円)で発売中。通常のモートピアパスポート1日券より安い設定となっている。

鈴鹿2&4レース、国内最高峰のレースを同時開催…家族向けイベントも多数 4月20・21日

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)