【GW2019】明日行けるイベント・おでかけ情報…4/29おまとめ便

 教育・受験情報サイトの「リセマム」は、リセマム内で紹介したイベントの中から“明日行ける”教育イベント・おでかけ情報をまとめた。まだ予約が間に合うものや、当日参加可能なイベント・展示会情報を中心に紹介する。

趣味・娯楽 その他
画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 ゴールデンウィーク中でも、博物館や美術館などは開館されていることが多い。またこの期間、特別なショーやワークショップなど、普段は体験できない催しが企画されているところもある。

 教育・受験情報サイトの「リセマム」は、リセマム内で紹介したイベントの中から“明日行ける”教育イベント・おでかけ情報をまとめた。まだ予約が間に合うものや、当日参加可能なイベント・展示会情報を中心に紹介する。イベント名をクリックすると、イベント詳細情報を確認できる。予定がまだ決まっていない場合は、参考にしていただきたい。

◆鎧兜の着付け体験など、さいたま市の博物館で体験講座
 さいたま市内の博物館は、ゴールデンウィーク期間中に体験講座を実施する。さいたま市立博物館など4施設で、鎧兜の着付け体験や、おもちゃづくり、昔のあそびなどが体験できる。一部のプログラムは事前申込が必要。

◆池大雅「富士十二景図」特集展示も実施、藝大コレクション展4/6より
  東京藝術大学は2019年4月6日から6月16日の期間、「藝大コレクション展2019」を東京藝術大学大学美術館で開催している。観覧料は一般430円、大学生110円。高校生以下および18歳未満は無料。

◆サイエンスショーや施設公開…環境科学国際センター特別企画4/27-5/6
 埼玉県の環境科学国際センターでは4月27日から5月6日の10日間、ゴールデンウィーク特別企画「青空のもとサイエンスの扉を開こう」を開催する。こどもの日に実施するサイエンスショーのほか、研究所内部の特別公開、ものづくり体験などを日替わりで開催。展示館入場料は、中学生以下無料、学生・高校生200円、一般300円。特別企画の各イベント参加費は無料(「作って遊ぼうリモコンロボット」のみ有料)。イベントの開催日や内容など、詳細は環境科学国際センターのWebサイトで確認できる。

アジア初上陸「PIXARのひみつ展」六本木ヒルズで2019年4月-9月開催
 六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで2019年4月13日から9月16日の期間、ピクサー・アニメーション・スタジオの映画を生みだす“技法と科学”に迫る展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が開催される。アジアでの開催は東京が初となる。入場料は一般 1,800円、高校生・大学生 1,200円、4歳~中学生 600円、シニア(65歳以上)1,500円。

◆「プラレール博 in TOKYO~超デカッ!プラレールトンネル登場!~」池袋で5/6まで
 「このレールの上を、モーターを積んで走り回る、いろいろな車両をつくれ」そんな創業者の号令から、プラレールが誕生して60年。すでに累計1億6900万個も売れたプラレールのカーニバルが、東京・池袋で始まった。池袋 サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル(東京都豊島区)で4月26日~5月6日、11日間にわたって開催される。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)