【GW2019】天気傾向、関東~九州は行楽日和

 日本気象協会は2019年4月18日、ゴールデンウィーク期間(4月27日から5月6日頃)の天気傾向を発表した。関東から九州を中心に晴れる日が多く、行楽日和になりそうだという。

生活・健康 その他
2019年GWの天気傾向
  • 2019年GWの天気傾向
  • GWの天気2019
 日本気象協会は2019年4月18日、ゴールデンウィーク期間(4月27日から5月6日頃)の天気傾向を発表した。関東から九州を中心に晴れる日が多く、行楽日和になりそうだという。

 2019年4月18日時点の日本気象協会の予測によると、4月27日から5月6日頃のゴールデンウィーク(GW)の天気傾向は、東日本・西日本を中心に晴れる日が多く、行楽日和となる日が多い。気温は平年並みの所が多いが、北日本は北海道を中心に寒気の影響を受ける。奄美や沖縄は曇りや雨の日が多い。

 北海道・東北(北日本)は、太平洋側で晴れる日が多い。気温は平年並みか低く、GWの初め頃は北海道の山で雪の降る可能性もある。桜前線が北上し、GW前に津軽海峡を渡ると予想される。北海道では函館や札幌などでGW後半にかけて満開となるため、花見はこの頃がおすすめだという。

 関東甲信から九州(東日本・西日本)は、晴れる日が多い。GW前半は少し寒い日もあるが、気温はほぼ平年並み。湿度が高く蒸し暑く感じる日もありそう。紫外線が強いため、屋外でのレジャーは紫外線対策が必要だ。東京湾では、GW後半が潮干狩りに適した潮位となる。

 奄美・沖縄(南西諸島)は、湿った空気の影響で、曇りや雨の日が多い。気温は平年並みか高く、半袖で過ごせる日が多いが、ぐずついた天気で蒸し暑いと予想される。

 最新の気象情報は、日本気象協会の天気予報専門メディア「tenki.jp」で確認できる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)