【夏休み2019】埼玉県立近代美術館、子ども向けワークショップ開催

 埼玉県立近代美術館は、子どものためのワークショップ「MOMASのとびら」の夏休み特別版として、「サマー・アドベンチャー2019」を8月に開催。通年のプログラムに代わりアーティストを講師に招いて行う、期間限定の特別なプログラムを実施する。

趣味・娯楽 未就学児
 埼玉県立近代美術館は、子どものためのワークショップ「MOMASのとびら」の夏休み特別版として、「サマー・アドベンチャー2019」を8月に開催。通年のプログラムに代わりアーティストを講師に招いて行う、期間限定の特別なプログラムを実施する。

 「MOMAS(モマス)」は埼玉県立近代美術館(The Museum of Modern Art,Saitama)の略称。「MOMASのとびら」は、毎週土曜日に美術館の作品などをもとに制作活動などを行うプログラム。夏休み期間中に行われる特別なプログラム「サマー・アドベンチャー2019」は、事前申込制のプログラムとフリー参加プログラムがある。

 事前申込制のプログラムとして、アーティストにもらう手がかりからイメージを広げて、ダンボールで作品を作る「アーティストから『カタチの挑戦状』が届く!~カタチの言葉で対話しよう~」や、自分の影を写しとって、色を重ねて塗っていく「もう一人の自分、私の影は何色?」、企画展「May I Start?計良宏文の越境するヘアメイク」を鑑賞して展示にちなんだ簡単な制作を行う「みる+つくる企画展物語」を実施。イベントによって対象や定員が異なる。

 フリー参加プログラムとして、カラフルな洗濯ばさみをつなげたり並べたりして床に絵を描く「洗濯ばさみで絵を描こう!」や、スプーンとマグネットを使った造形遊び「キラキラ★カチカチスプーンワールド」などを実施する。対象は幼児から大人(未就学児は保護者同伴)。当日、随時受け付ける。

 そのほか、美術館を楽しむためのガイドデスク「夏休みMOMASステーション」が7月20日から8月25日までの休館日を除く毎日、1階ロビーに設置され、教育・普及サポート・スタッフが館内の案内などを行う。夏休みの宿題の相談にも利用できる。

 事前申込制プログラムの参加希望者は、Webサイトから電子申請、または申込用紙に必要事項を記入のうえ、FAXで送信または県立近代美術館1階総合受付に提出すること。7月1日の受付開始から1週間経った時点で定員を超えた場合は抽選となる。

◆サマー・アドベンチャー2019
会場:埼玉県立近代美術館(埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1)
参加費:無料
申込方法:Webサイトから電子申請、または申込用紙に必要事項を記入のうえ、FAXで送信または県立近代美術館1階総合受付に提出する(事前申込制プログラムのみ)
申込期間:2019年7月1日(月)~
※受付開始から1週間経った時点で定員を超えた場合は抽選となる

【フリープログラムDAY】
日時:2019年8月3日(土)
<午前の部>10:30~12:30
<午後の部>13:30~16:00
※随時受付(混雑時、入場制限あり)
場所:地下1階センターホールと講堂
対象:幼児~大人
※未就学児は保護者同伴
内容:「洗濯ばさみで絵を描こう!」「つなげて遊ぼう!」「キラキラ★カチカチスプーンワールド」

【アーティストから「カタチの挑戦状」が届く!~カタチの言葉で対話しよう~】
日時:2019年8月10日(土)10:30~16:00(10:15受付)
場所:<集合>1階ロビー <活動>3階創作室
対象:小学1年生~大人
募集人数:30名

【もう一人の自分、私の影は何色?】
日時:2019年8月17日(土)
<午前の部>10:30~12:30(10:15受付開始)
<午後の部>14:00~16:00(13:45受付開始)
会場:3階創作室
対象:親子
募集人数:各回10組

【みる+つくる企画展物語】
日時:2019年8月24日(土)13:30~15:00(13:15受付開始)
会場:3階創作室
対象:小中学生
募集人数:30名
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)