小学生が考えた社会課題解決アイデアのプレゼン大会、初開催

 子どもの体験型キャリア教育事業を推進しているバリューズフュージョンは、小学生が考えた社会課題解決の優れたアイデアを競うプレゼン大会「スタートアップJr.アワード2019」を初開催する。エントリーは2019年9月30日まで。決勝大会は11月16日に東京で行われる。

教育・受験 小学生
スタートアップJr.アワード2019
  • スタートアップJr.アワード2019
  • 現在の学校の問題や課題を解決したり、新しい価値をつけたりするアイデアを募集する「スクールイノベーション部門」
  • 自分たちが住む街や世の中をより良くするアイデアを募集する「ソーシャルイノベーション部門」
  • スケジュール
  • 決勝大会は11月16日、永田町GRiDにて行われる
 子どもの体験型キャリア教育事業を推進しているバリューズフュージョンは、小学生が考えた社会課題解決の優れたアイデアを競うプレゼン大会「スタートアップJr.アワード2019」を初開催する。エントリーは2019年9月30日まで。決勝大会は11月16日に東京で行われる。

 「スタートアップJr.アワード2019」は、小学生から社会課題解決のアイデアを募集し、プレゼンテーション審査する大会。アイデアの独創性や着想力だけでなく、プレゼンテーションの構成や表現力、訴求力も総合的に評価する。主催するバリューズフュージョンは大会を通じて、体験型キャリア教育の促進につなげていきたいという。

 募集するのは、現在の学校の問題や課題を解決したり、新しい価値をつけたりするアイデアを募集する「スクールイノベーション部門」と、自分たちが住む街や世の中をより良くするアイデアを募集する「ソーシャルイノベーション部門」の2部門。個人もしくはチームで参加できる。

 エントリー期間は9月30日まで。子どものプレゼンテーション動画をYouTubeや大容量クラウドサービスにアップロードして、Webサイトの応募フォームより申し込む。Webサイトでは作品のアップロード方法を詳しく紹介している。

 プレゼンテーション動画は、現役ビジネスマンや学識経験者らによる審査が行われ、決勝大会出場者が決定する。決勝大会出場者には、プレゼン練習会やスライド準備の機会も設けられる予定。決勝大会は11月16日、永田町GRiDにて行われる。

 スタートアップJr.アワード2019の概要やエントリー方法など、質問できる保護者向け無料説明会も予定されている。説明会は8月24日、渋谷で開催する。参加申込はWebサイトにて受け付けている。

◆スタートアップJr.アワード2019
対象:小学生
エントリー受付期間:2019年7月23日(火)~9月30日(月)
エントリー方法:プレゼンテーション動画を大容量クラウドサービスもしくはYouTubeにアップロードし、Webサイトの応募フォームから申し込む
一次審査期間:2019年10月1日(火)~10月15日(火)
決勝大会:2019年11月16日(土)13:00~16:00 永田町GRiD 6Fイベントスペース(東京都千代田区平河町2-5-3)

【保護者向け無料説明会】
日程:2019年8月24日(土)
時間:1部10:30~11:20、2部11:40~12:30
会場:みんなの会議室 渋谷宮益坂3A(東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル3F)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)