【高校野球2019夏】激闘の全48試合をオールカラーで「甲子園Heroes2019」

 朝日新聞出版は2019年8月26日、週刊朝日増刊「甲子園Heroes2019」を発売した。表紙には、今大会注目度ナンバーワンの星陵 奥川恭伸投手。代表全49校の出場選手名簿と入場写真も掲載している。定価は1,000円(税込)。

趣味・娯楽 その他
 朝日新聞出版は2019年8月26日、週刊朝日増刊「甲子園Heroes2019」を発売した。表紙には、今大会注目度ナンバーワンの星陵 奥川恭伸投手。代表全49校の出場選手名簿と入場写真も掲載している。定価は1,000円(税込)。

 「甲子園Heroes2019」はオールカラーの完全保存版。週刊朝日編集部が総力取材した第101回全国高等学校野球選手権大会全48試合を、記録とハイライトシーンの写真で振り返っている。初優勝した履正社と、涙をのんだ星陵との決勝戦のようすは9ページにわたって掲載。

 「新時代の輝き」と題したグラビア企画では、「奥川投手からホームランを打った履正社の井上広大外野手」「公立校でベスト4進出した明石商の来田涼斗外野手」「83年ぶりに開幕試合に満塁ホームランを打った八戸学院光星の下山昂大内野手」「15年ぶり6度目のサイクル安打を記録した敦賀気比の杉田翔太郎内野手」など、今大会で活躍した選手らの躍動感あふれるカットが満載だ。

◆甲子園Heroes(ヒーローズ)2019(週刊朝日増刊)
発売日:2019年8月26日(月)
定価:1,000円(税込)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)