人形浄瑠璃や念仏踊りの披露…京都国立博物館9/7

 KYOTO博物館子どもフォーラム実行委員会は2019年9月7日、「KYOTO博物館子どもフォーラム」を開催する。地域の伝統芸能や祭りを継承する子どもたちによる4つのパフォーマンスや、文化財に親しんでもらうためのスペシャル授業を実施予定。

趣味・娯楽 小学生
 KYOTO博物館子どもフォーラム実行委員会は2019年9月7日、「KYOTO博物館子どもフォーラム」を開催する。地域の伝統芸能や祭りを継承する子どもたちによる4つのパフォーマンスや、文化財に親しんでもらうためのスペシャル授業を実施予定。

 「KYOTO博物館子どもフォーラム」は、日本初開催となる国際博物館会議(ICOM)京都大会2019の最終日に開催する特別イベント。地域の伝統芸能や祭りを継承する子どもたちによるパフォーマンスを通して、伝統的な京都の地域文化の魅力を広く世界に発信する。

 子どもたちが披露するパフォーマンスは、「八幡子ども太鼓まつり」「宮津市上司地区の太刀振り芸能」「和知人形浄瑠璃」「六斎念仏踊り」の4つ。このほか、展示コーナーや文化財に親しんでもらうためのスペシャル授業も用意している。

 スペシャル授業は、俵屋宗達と尾形光琳の2人が描いた2つの「風神雷神図」の高精細複製品を教材にして行う。対象は小中学生。1日4回開催で、定員は各回先着40名(当日受付)。各回開始10分前に平成知新館1Fグランドロビーに集合すること。

 参加無料。該当日は無料観覧日。

◆KYOTO博物館子どもフォーラム
日時:2019年9月7日(土)10:30~17:00
会場:京都国立博物館 庭園、平成知新館 グランドロビー、平成知新館 講堂(京都市東山区茶屋町527)
参加費:無料
※該当日は無料観覧日

<文化財に親しむ授業スペシャル!>
時間:(1)10:30~11:00、(2)13:00~13:30、(3)14:00~14:30、(4)15:00~15:30
場所:平成知新館 グランドロビー
対象:小中学生
参加費:無料
申込方法:当日受付(各回開始10分前に平成知新館1Fグランドロビーに集合)
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)