【大学受験2021】早大、指定校推薦入試で共通テスト受験を必須化

 早稲田大学は2019年9月6日、2021年度入学者を対象とした指定校推薦入試より、「大学入学共通テスト」のうち英語、国語、数学(I・A)の受験を必須とすることを発表した。ただし、指定校推薦入試を実施する計11学部のうち、国際教養学部は共通テストの受験は必要としない。

教育・受験 高校生
早稲田大学入学センター「入試の変更点」
  • 早稲田大学入学センター「入試の変更点」
  • 早稲田大学
 早稲田大学は2019年9月6日、2021年度入学者を対象とした指定校推薦入試より、「大学入学共通テスト」のうち英語、国語、数学(I・A)の受験を必須とすることを発表した。ただし、指定校推薦入試を実施する計11学部のうち、国際教養学部は共通テストの受験は必要としない。

 早稲田大学における指定校推薦入試実施学部は、政治経済学部・法学部・文化構想学部・文学部・教育学部・商学部・基幹理工学部・創造理工学部・先進理工学部・人間科学部・国際教養学部の計11学部。このうち国際教養学部については、英語外部検定試験、英語での面接、志望理由書により学力の3要素を判断するため、「大学入学共通テスト(英語、国語、数学(I・A))」の受験は必要としない。また、在外教育施設については代替措置を別途定める。

 指定校推薦入試の出願時期(11月)・合格発表時期(12月)は概ね現行通りとし、「大学入学共通テスト」の成績は入学手続の一環として提出を求め、合否には影響しない。詳細は、2020年7月上旬までに各指定校宛に送付する入試要項を確認すること。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)