中秋の名月9/13の天気、北海道や日本海側で好条件

 太陰暦(旧暦)の8月15日夜に見える月は「中秋の名月」と呼ばれ、2019年は9月13日にあたる。ウェザーニュースによると、中秋の名月がバッチリ見えそうなのは、近畿北部と北陸、東北の日本海側、北海道。一方、中部から関東の内陸ではお月見は難しそうだという。

趣味・娯楽 小学生
9月13日夜の天気予報
  • 9月13日夜の天気予報
  • この先の中秋の名月と満月の日付一覧
 太陰暦(旧暦)の8月15日夜に見える月は「中秋の名月」と呼ばれ、2019年は9月13日にあたる。ウェザーニュースによると、中秋の名月がバッチリ見えそうなのは、近畿北部と北陸、東北の日本海側、北海道。一方、中部から関東の内陸ではお月見は難しそうだという。

 国立天文台によると、陰暦では月の満ち欠け周期の約半分にあたる15日が満月であると考えられており、中秋の名月に必ずしも満月にならないという。2019年は9月14日が満月で、満月より1日早い名月となる。とはいえ、満月の瞬間は14日午後1時33分なので、13日に見える月もほぼ満月の丸い月となる。

 ウェザーニュースによると、9月13日夜に中秋の名月がバッチリ見えそうなのは、大陸からの高気圧に覆われる近畿北部と北陸、東北の日本海側、北海道。西日本や東日本、東北にかけての太平洋側では、湿った空気が流れ込む影響で雲が広がりやすくなるが、お月見のチャンスはありそう。一方、中部から関東の内陸や山沿いではスッキリしない天気で、お月見は難しそうだという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)