【大学受験】英語民間試験導入見送り、国立大協会「残念であるとともに驚き」

 英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」導入の見送りについて、2019年11月1日、国立大学協会の永田恭介会長(筑波大学長)がコメントを発表した。これまでも受験生の経済的な公平性の担保を要望していただけに「残念で驚き」としている。

教育・受験 高校生
国立大学協会
  • 国立大学協会
  • 国立大学協会会長のコメント
 英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」導入の見送りについて、2019年11月1日、国立大学協会の永田恭介会長(筑波大学長)がコメントを発表した。これまでも受験生の経済的な公平性の担保を要望していただけに「残念で驚き」としている。

 2020年度からの英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」は、11月1日に文部科学省が導入見送りを発表。受験生の経済的な公平性の確保や環境が整わないとし、2024年度からの導入に向けて延期された。

 国立大学協会会長のコメントでは、「受験生の経済的な公平性の担保について直接文部科学省に働きかけ、文部科学省も改善に向けて活動していたと承知していた」。そのため、今回の発表については、残念であるとともに驚きをもって受け止めているという。各国立大学では活用に向けて準備を進めてきたが、導入見送りですでに公表している2年前予告の見直しをしなくてはならず、迅速な対応をしなくてはならない。

 国立大学協会は、高等学校の学習指導要領に沿った英語4技能について、入学者選抜試験で適切に評価することは重要であるとの認識は変わらないとしている。文部科学省に対しては、「今回の措置により受験生や大学、高等学校等の関係者が混乱することないよう、十分な説明と対応を強くお願いするところ」と締めくくっている。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)