群馬大学ら、自動運転バスのデモ走行…名古屋モーターショー

パイオニアスマートセンシングイノベーションズ(PSSI)と群馬大学は、11月21日開幕の「名古屋モーターショー」と同時開催される「あいちITSワールド2019」にて、自動運転バスの走行およびパイオニア製3D-LiDARセンサーによる周辺検知のデモンストレーションを実施する。

生活・健康 その他
群馬大学の自動運転バス車両に搭載されたパイオニア製3D-LiDARセンサー
  • 群馬大学の自動運転バス車両に搭載されたパイオニア製3D-LiDARセンサー
パイオニアスマートセンシングイノベーションズ(PSSI)と群馬大学は、11月21日開幕の「名古屋モーターショー」と同時開催される「あいちITSワールド2019」にて、自動運転バスの走行およびパイオニア製3D-LiDARセンサーによる周辺検知のデモンストレーションを実施する。

PSSIと群馬大学は、将来的な自動運転に関連するサービスの提供を視野に、パイオニア製3D-LiDARセンサーと群馬大学が保有する自動運転バス車両を用いた実証実験を2019年6月より開始している。複数台の3D-LiDARセンサーを自動運転バス車両に搭載し、さまざまな環境下における3D-LiDARセンサーの周辺検知性能や、そのデータを活用した物体認識アルゴリズムについて評価・検証。検証結果は、2020年以降の本格的な量産を目指しているパイオニア製3D-LiDARセンサーおよびアルゴリズムの開発へフィードバックする予定だ。

あいちITSワールドで行うデモンストレーションでは、イベント会場駐車場で自動運転バスによる自動走行を体験してもらうとともに、パイオニア製3D-LiDARセンサーで周辺を検知する様子を車内のディスプレイで再生。併せて、会場内の群馬大学ブースでは、パイオニア製3D-LiDARセンサーをはじめ、自動運転に関連するさまざまな技術を紹介する。

パイオニアと群馬大学、自動運転バスによるデモ走行など実施予定…名古屋モーターショー2019

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)