【中学受験2020】【高校受験2020】大阪府私立校の初年度納付金、中学3校と高校15校が増額

 大阪私立中学校高等学校連合会は2019年11月25日、2020年度(令和2年度)入試情報として、「新入学生に係わる納付金等」を公開した。府内私立学校の初年度納付金をまとめたもので、中学校3校と高校15校が増額。減額は四天王寺東(現:四天王寺学園)1校のみだった。

教育・受験 小学生
大阪私立中学校高等学校連合会
  • 大阪私立中学校高等学校連合会
  • 2020年度大阪私立中学校新入生徒 納付金等
  • 2020年度大阪私立中学校新入生徒 納付金等
  • 2020年度大阪私立高等学校新入生徒 納付金等
  • 2020年度大阪私立高等学校新入生徒 納付金等
 大阪私立中学校高等学校連合会は2019年11月25日、2020年度(令和2年度)入試情報として、「新入学生に係わる納付金等」を公開した。府内私立学校の初年度納付金をまとめたもので、中学校3校と高校15校が増額。減額は四天王寺東(現:四天王寺学園)1校のみだった。

 一覧には、大阪私立中学校高等学校連合会調査による各校の入学金、授業料、合計額、改定の有無を掲載。入学金と授業料を合わせた2020年度初年度納付金について、中学校は大阪星光学院が91万1,000円、清風が92万円、大谷が84万2,000円、四天王寺が76万5,200円、大阪桐蔭が86万円、清風南海が94万円、高槻が91万8,000円。高校では、大阪星光学院が89万1,000円、清風が87万円、大谷が84万2,000円、四天王寺が76万5,200円、関西大倉82万円、清風南海が90万円となる。

 入学金と授業料を改定するのは2校。賢明学園が増額し、四天王寺東(現:四天王寺学園)が減額となる。両校とも、中学校と高校で改定を行う。

 入学金を改定するのは、中学校がアサンプション国際の1校、高校が藍野、アサンプション国際、アナン学園の3校。いずれも増額となる。授業料を改定するのは、中学校が大阪信愛学院の1校、高校が大阪信愛学院、梅花、大阪商業大学、大阪商業大学堺、大阪夕陽丘学園、大阪緑涼、金剛学園、金光藤蔭、星翔、清明学園、箕面学園の11校。いずれも増額となる。なお、高校の改定実施校には大阪府と協議中の学校が含まれる。

 大阪私立中学校高等学校連合会のWebサイトでは、私立中学校・高校のほか、通信制・単位制高校の納付金一覧が掲載されている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)