Classi、学習動画の検索機能向上…板書や音声も検索可能

 Classiは2019年12月10日、同社が提供する教育プラットフォーム「Classi」の学習動画の検索機能を更新したと発表した。動画内の板書や音声に含まれる単語で検索ができるようになった。

教育ICT 高校生
講師の「板書」で動画を検索
  • 講師の「板書」で動画を検索
  • 講師の「音声」で動画を検索
 Classiは2019年12月10日、同社が提供する教育プラットフォーム「Classi」の学習動画の検索機能を更新したと発表した。動画内の板書や音声に含まれる単語で検索ができるようになった。

 「Classi」は、アダプティブラーニング、アクティブ・ラーニング、コミュニケーション、ポートフォリオの4つの視点で「新たな学び」を支援するクラウドサービス。PC、スマホ、タブレットなどデバイスを問わず利用できる。先生と生徒、保護者をつなぐサービスとして、学校教育のICT化を多角的に支援している。

 従来は、動画タイトルに含まれる単語で検索が可能だったが、今回の更新により、動画内の「板書」や「音声」に含まれる単語で検索ができるようになった。「板書」「音声」はともに、英語と日本語に対応。対象コンテンツは「Classi 学習動画 高校ベーシック」で掲載している英語・数学・国語教科に関する1,000本。

 たとえば、国語の古文学習動画で「伊勢物語」「枕草子」などの単語を検索すると、板書内に検索単語が入った学習動画を簡単に見つけることができる。志望校の試験頻出作品に絞って学習したい時など、効果的に学習動画を活用できるという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)