旺文社、高校生向けアプリ「ターゲットの友」英熟語版を配信

 旺文社は2018年3月12日、高校生向け学習応援アプリ「ターゲットの友」シリーズの第4弾となる「ターゲットの友 for 1000」iOS版・Android版の配信を開始した。ダウンロードは無料だが、アプリ内課金あり。

教育ICT 高校生
 旺文社は2018年3月12日、高校生向け学習応援アプリ「ターゲットの友」シリーズの第4弾となる「ターゲットの友 for 1000」iOS版・Android版の配信を開始した。ダウンロードは無料だが、アプリ内課金あり。

 「ターゲットの友」は、旺文社が刊行する英単語集「英単語ターゲット」シリーズの学習をサポートする公式アプリ。書籍とアプリを連動させて学習できる。2014年4月にリリースされたシリーズ第1弾の「ターゲットの友」(「英単語ターゲット1900」対応版)は、これまでに100万人以上の高校生が利用しているという。

 新たにリリースされた「ターゲットの友 for 1000」は、シリーズ初となる英熟語の学習サポートに特化。センター試験から国公立2次、難関私立大学入試レベルの対策にお勧めの大学受験英熟語集「英熟語ターゲット1000 4訂版」に対応している。

 ネイティブによる英語音声をスマートフォンで手軽に聞き、書籍で学習した成果を確認テストでチェックするといった「ターゲットの友」シリーズの人気機能を継承しているだけでなく、英熟語を覚える大きなメリットを意識できるよう、確認テスト機能に例文を活用した問題形式を新たに追加。

 「英熟語ターゲット1000 4訂版」の掲載内容から出題されるテストにも挑戦でき、全国ランキングで自分の実力をチェックできる。さらに、毎日朝と夜の決まった時間にミニテストが出題され、スキマ時間を活用して無理なく学習のペースを維持できる。また、「ターゲットの友」(「英単語ターゲット1900」対応版)とのアプリ連携機能を備えているので、英熟語と英単語の学習をバランスよく進めることができる。

 アプリ内課金サービスとして、苦手を一掃する「苦手特訓モード」と、英語耳を鍛える「マイリスニング」機能も搭載。価格は「苦手特訓モード」480円、「マイリスニング」480円、苦手特訓モードとマイリスニングがセットになった「必勝パック」720円(いずれも税込)。

 対応機種は、iPhoneはiOS9.0以上、AndroidはOS4.4以上。App StoreもしくはGoogle Playよりダウンロードできる。

◆英熟語アプリ「ターゲットの友 for 1000」
対応機種:iPhone/iOS9.0以上、Android/OS4.4以上
価格:無料(アプリ内課金あり)
※「苦手特訓モード」480円、「マイリスニング」480円、「必勝パック」720円(いずれも税込)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)