今年の漢字、2019年は「令」

 日本漢字能力検定協会は2019年12月12日、今年の世相を漢字一字で表現する年末の風物詩「今年の漢字」を発表した。京都・清水寺の森清範貫主が揮毫した漢字一字は「令」。

教育・受験 その他
今年の漢字は「令」
  • 今年の漢字は「令」
  • 京都・清水寺の森清範貫主が揮毫した漢字一字は「令」
  • 2019年「今年の漢字」トップ20
  • 過去の「今年の漢字」と選定理由
 日本漢字能力検定協会は2019年12月12日、今年の世相を漢字一字で表現する年末の風物詩「今年の漢字」を発表した。京都・清水寺の森清範貫主が揮毫した漢字一字は「令」。

 日本漢字能力検定協会が行う「今年の漢字」は2019年で25回目。1年を振り返り世相を表す漢字一字を考えることにより、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらいたいという考えから、1995年より毎年実施している。2019年「今年の漢字」は11月1日から12月5日まで募集。12月12日午後2時より、京都・清水寺の「奥の院」で結果を発表した。

 応募総数21万6,325票から3万427票(14.07%)を集めた第1位は「令」。新元号「令」和に新たな時代の希望を感じた一年となった。「令」という漢字一字が持つ意味に、明るい新時代を願う国民の思いが集約された。

 「令」を選んだ理由は、「新しい時代に、日本古来の万葉集『梅花の宴』の序文から引用され、『令は善なり』と中国の国語辞典で確認できる麗しさを象徴し、『和をもって貴しとなす』と合わせ元号にふさわしい今年の漢字と思います」(東京都/80歳/男性)などの意見が寄せられた。

 続いて、2位「新」、3位「和」、4位「変」、5位「災」、6位「嵐」、7位「水」、8位「風」、9位「天」、10位「税」。2位「新」を選んだ理由は、「新」元号、「新」しい時代、オリンピックに伴う「新」国立競技場の建設など、さまざまな分野で「新」制度が導入され、「新」たな時代の到来を感じられたことによる。

◆2019年「今年の漢字」トップ20
1位「令」 30,427票(14.07%)
2位「新」 14,850票(6.86%)
3位「和」 10,281票(4.75%)
4位「変」 7,749票(3.58%)
5位「災」 7,302票(3.38%)
6位「嵐」 7,029票(3.25%)
7位「水」 6,247票(2.89%)
8位「風」 5,996票(2.77%)
9位「天」 5,101票(2.36%)
10位「税」 4,142票(1.91%)
11位「雨」 3,452票(1.60%)
12位「一」 2,877票(1.33%)
13位「台」 2,401票(1.11%)
14位「結」 1,952票(0.90%)
15位「闘」 1,935票(0.89%)
16位「改」 1,919票(0.89%)
17位「火」 1,843票(0.85%)
18位「桜」 1,777票(0.82%)
19位「薬」 1,741票(0.80%)
20位「皇」 1,581票(0.73%)

※2位以下については、12月12日15:30に追記しました。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)