【大学受験2020】願書取寄せ不要のWeb出願、便利なサイト3選

 受験勉強も佳境に入り、差し迫った出願に向けて準備を始めるこの時期。従来の願書を取り寄せて出願する方法のほかに、Web出願に対応する大学も増えている。Web出願のメリットや便利なWebサイトを紹介する。

教育・受験 高校生
スタディサプリ 進路
  • スタディサプリ 進路
  • ゴートゥースクール・ドット・コム
  • UCARO
 受験勉強も佳境に入り、差し迫った出願に向けて準備を始めるこの時期。従来の願書を取り寄せて出願する方法のほかに、Web出願に対応する大学も増えている。Web出願のメリットや便利なWebサイトを紹介する。

 大学受験には、願書を入手して出願する方法とWebで出願する方法がある。紙の願書は、書店や入試説明会などで手に入れるほか、大学のWebサイトや進学情報サイトから取り寄せることができる。

 一方、Web出願は願書を取り寄せる必要がなく、大学のWebサイトや受験ポータルサイトから出願することができる。インターネットに接続できる環境であれば24時間出願可能であり、手書きも不要。大学によっては、Web出願の場合受験料割引を設けているところもある。

 Webサイト「スタディサプリ 進路」には、Web出願可能な大学の特色が掲載されており、リンク先の大学のWebサイトでWeb出願することができる。

 河合塾グループの大学進学情報サイト「ゴートゥースクール・ドット・コム」では、インターネット出願・入学検定料決済取扱い大学の一覧が掲載されている。入学検定料決済取扱い大学は、入学検定料の支払いのみをWebで登録することができる大学。出願は別途、紙の願書で行う。

 ODKソリューションズの「UCARO」は 出願からスケジュール管理、合否照会などをスマホで行うことができるサービス。Web出願する際に一度プロフィールを入力すれば、別の大学への出願時に使用することができる。また、出願後は受験に関する手続きがどこまで進んでいるのか、確認することも可能。書類の受理や受験料の入金状況などがわかるようになっている。

 さらに、受験番号や会場までのアクセス、合否照会や入学手続きの方法もスマホで確認することができる。「UCARO」を導入している大学は、2019年12月時点で66大学。青山学院大学や上智大学、専修大学など。保護者向けの「UCARO family」もサービス開始予定。

 インターネットに接続できればどこででも出願でき、訂正が簡単などメリットの多いWeb出願。出願後に送る必要書類をそろえるなど、スケジュールに注意は必要だが、受験時期の貴重な時間短縮に役立ちそうだ。
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)