【中学受験2020】【高校受験2020】入試日に自然災害が発生したときは…東京私学協会が対応掲載

 東京私立中学高等学校協会は2020年1月6日、「受験生の皆さまへ~私立中高入学試験と自然災害等への対応について~」を掲載した。受験生が安全に、安心して受験できる体制を整えていると説明し、混乱がないよう対応することを記している。

教育・受験 小学生
東京私立中学高等学校協会
  • 東京私立中学高等学校協会
  • 東京私立中学高等学校協会「受験生の皆さまへ~私立中高入学試験と自然災害等への対応について~」
 東京私立中学高等学校協会は2020年1月6日、「受験生の皆さまへ~私立中高入学試験と自然災害等への対応について~」を掲載した。受験生が安全に、安心して受験できる体制を整えていると説明し、混乱がないよう対応することを記している。

 震災などの自然災害はいつ発生するかわからず、それが大事な受験の日ということもあり得る。東京都と神奈川県の私立中学校・高等学校では、もしもの場合に備え、受験生が安全にそして安心して受験できる体制を準備している。東京私立中学高等学校協会のWebサイトでは、2つの事態の対応について記載している。

 ひとつは、軽微な地震、豪雨や積雪などによって電車が遅れた日について、各学校が試験の時間を変更するなどして対応することがある。もうひとつは、ほぼすべての電車が止まり、動き出す見込みがたたないような大きな自然災害などが起こった場合。その際は、東京都と神奈川県のすべての私立中学校・高等学校は、予定されている入試をすべて中止し、後日、一斉に繰り下げて再開することがあるという。

 最後には、受験生が混乱しないよう対応するので、あわてずに必ず受験校のWebサイトで対応を確認するよう呼びかけた。

 気象庁が2019年12月25日の発表した「全国3か月予報」によると、1月の東日本太平洋側は平年に比べ晴れの日が少ないが、2月は平年と同様に晴れの日が多いと予報されている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)