都教委、児童生徒の善行や優れた活動225件を表彰

 東京都教育委員会は2020年1月9日、2019年度に善行や優れた活動を行った都立・公立学校(園)の表彰者を発表した。小学校63件、中学校60件、高等学校68件など、225件が表彰された。2月8日には都庁第一本庁舎で表彰式を開催する。

教育・受験 その他
東京都教育委員会
  • 東京都教育委員会
  • 東京都教育委員会 児童・生徒等表彰の対象および表彰基準
  • 東京都教育委員会 児童・生徒等表彰の件数
  • 児童・生徒等の善行や優れた活動事例
 東京都教育委員会は2020年1月9日、2019年度に善行や優れた活動を行った都立・公立学校(園)の表彰者を発表した。小学校63件、中学校60件、高等学校68件など、225件が表彰された。2月8日には都庁第一本庁舎で表彰式を開催する。

 東京都教育委員会は、心豊かな児童・生徒などを育成することをねらいとして、善行や優れた活動を行った都立学校および区市町村立学校(園)の幼児・児童・生徒を表彰し、広くこれを顕彰している。1984年度から行われており、2019年度で通算39回目。「地道な活動を継続的に行い、他の児童・生徒などの範となる者」や「環境美化活動や福祉活動、伝統・文化の継承活動、奉仕活動、子供会など、地域における活動を継続的に実践した者」「スポーツ・文化活動において著しい成果を上げた者」など、5つの基準に該当する個人・組・団体が表彰の対象となる。

 2019年度は225件が表彰を受けた。表彰件数の内訳は、幼稚園2件、小学校63件、中学校60件、高等学校68件、中等教育学校22件、特別支援学校10件。

 東京都教育委員会Webサイトには、おもな表彰事例が紹介されている。「陸上部と生徒会活動を両立させ、東京駅伝ではチームの意識向上に貢献した姿が他の範」(中学校)、「昆虫を採集、飼育して調べたことを発表する姿が、他の園児に波及」(幼稚園)、「2019年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会 文部科学大臣賞」(中等教育学校)、「心肺停止状態の高齢者にAEDを用いて心肺蘇生をし、人命を救助」(高等学校)などの善行や優れた活動が行われた。

 表彰式は2020年2月8日、都庁第一本庁舎5階の大会議場にて開催する。詳細については、所属の学校(園)を通して被表彰者に通知されている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)