【センター試験2020】2日目(1/19)東進、理科1の問題分析速報スタート

 2020年度(令和2年度)大学入試センター試験(以下、センター試験)2日目。東進は、早くも午前9時30分より試験が行われた理科1(物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎)の速報の掲載を開始した。

教育・受験 高校生
【センター試験2020】2日目(1/19)東進、理科1の問題分析速報スタート
  • 【センター試験2020】2日目(1/19)東進、理科1の問題分析速報スタート
  • 2020年度大学入試センター試験のようす
 2020年度(令和2年度)大学入試センター試験(以下、センター試験)2日目。東進は、早くも午前9時30分より試験が行われた理科1(物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎)の速報の掲載を開始した。

 「物理基礎」は「大問3題構成で昨年から変化なし。設問数の変化はなかったが、マーク数が減少した。」、「化学基礎」は「大問数2つ、設問数が13。マーク数は16から15に減少した。」、「生物基礎」は「教科書の章立て通りの大問3題構成。設問数16マーク数18。知識問題が中心であった。」、「地学基礎」は「大問数は4題に増加、設問数・マーク数は15で変化なし。地学基礎の学習項目から、偏りのない出題であった。」としている。

 このあと、より詳細な分析や、問題・解説・解答のほか、新高校2・3年生向けのアドバイスも公開される予定だ。

 1月19日の第2日はこのあと、午前11時20分より数学1、午後1時40分より数学2、午後3時30分より理科2の試験が実施され、午後5時40分にすべての試験が終了する予定だ。

 東進のほか、データネット(ベネッセ・駿台)、河合塾、代々木ゼミナールなど大手予備校は、問題分析を速報している。1月18日に試験が実施された地理歴史、公民、国語、外国語の難易度については各予備校の情報が出揃っている。

 問題と解答については、大手新聞各社や大学入試センターのWebサイトで閲覧することができる。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)