【高校受験2020】都立高入試、新型コロナ感染は追試験の対象に

 東京都教育委員会は2020年2月19日、Webサイトの都立高校「入試Q&A」を更新した。新型コロナウイルスに感染し受検できなかった場合は、インフルエンザなどの感染症と同様に追検査の対象となる。

教育・受験 中学生
入試Q&A
  • 入試Q&A
  • 入試日程
 東京都教育委員会は2020年2月19日、Webサイトの都立高校「入試Q&A」を更新した。新型コロナウイルスに感染し受検できなかった場合は、インフルエンザなどの感染症と同様に追検査の対象となる。

 「入試Q&A」は、制度、応募資格、手続・書類、検査の内容、別枠入試、個別の特別な対応、選考など8項目にわけ、Q&A形式で都立高校入試について説明している。今回、追加されたのは「個別の特別な対応」の項目。

 「インフルエンザ等の学校感染症にかかり検査を受検できなかった場合には、何か救済措置がありますか」の質問に対し、「新型コロナウイルス感染症についてもインフルエンザ等と同様に追検査の対象となります」と追記された。

 学校感染症にり患し、学力検査に基づく選抜(第一次募集)を受検することができなかった場合には、申請により、後日行われる「インフルエンザ等学校感染症り患者等に対する追検査」を受検することができる。

 追検査の受検を希望する場合は、中学校長を経由し「インフルエンザ等学校感染症り患者等に対する措置申請書」を第一次募集において出願した都立高校へ提出する必要がある。都内の中学校に在学していない場合は、中学校長を経由する必要はない。なお、追検査は第一次募集で受検できなかった高校のみ受検することができ、出願先を変更して受検することはできない。また、分割募集を実施する都立高校は、追検査を実施しない。2020年度(令和2年度)の都立高校全日制の学力検査は2月21日に実施し、合格発表は3月2日に行われる。

 神奈川県教育委員会も、2020年度(令和2年度)の公立高校入試で、新型コロナウイルスに感染した志願者を追試験の対象とすると発表している。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)