【高校受験2020】佐賀県立高校入試の出願状況(2/19時点)佐賀西1.15倍

 佐賀県教育委員会は2020年2月19日、佐賀県立高校入学者選抜一般選抜志願状況を発表した。全日制課程における一般選抜の募集人員4,987人に対し、5,148人が出願。倍率は1.03倍となった。志願変更は2月25日と26日に受け付ける。

教育・受験 中学生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 各学校における一般選抜志願状況(全日制課程)
  • 各学校における一般選抜志願状況(全日制課程)
  • 各学校における一般選抜志願状況(定時制課程)
  • 全日制課程・定時制課程の総合計
  • 一般選抜志願状況
  • 一般選抜志願状況における倍率の高い学科
 佐賀県教育委員会は2020年2月19日、佐賀県立高校入学者選抜一般選抜志願状況を発表した。全日制課程における一般選抜の募集人員4,987人に対し、5,148人が出願。倍率は1.03倍となった。志願変更は2月25日と26日に受け付ける。

 佐賀県立高校全日制課程の募集定員は5,800人。そのうち、中高一貫併設型中学校からの入学内定者460人と特色選抜合格者353人を除いた一般選抜の募集人員4,987人に対して、5,148人が出願し、倍率は1.03倍となった。

 学校・学科ごとの倍率は、佐賀西(普通)1.15倍、致遠館(理数)0.98倍、唐津東(普通)1.16倍、佐賀北(普通)1.24倍など。倍率が高かったのは、佐賀工業(情報システム)1.97倍、伊万里実業(情報処理)1.39倍、有田工業(機械)1.38倍、唐津南(生産技術)1.37倍、佐賀工業(機械システム)1.34倍、致遠館(普通)1.32倍など。全日制課程で定員に満たなかったのは14校36学科だった。

 定時制課程は募集人員280人に対し出願者は53人で、倍率は0.19倍。定時制課程をもつ6校7学科すべてが定員割れとなった。

 今後、2月25日と26日に志願変更を受け付け、3月4日と5日に学力検査、3月10日に追検査を実施。合格発表は3月12日に行われる。新型コロナウイルス感染症への対応については、関係機関との連携を図り情報収集を行っている段階で、現時点では検査の日程などについて変更の予定はない。今後、新たな情報がある場合は、佐賀県教育委員会Webサイトなどで随時発表する。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top