【v教育ICT Expo】プログラミング教育支援「Makeblock STEAM On Board」研修・講座資料の無償提供

 教育関係者向けにプログラミング教育に関するオンライン勉強会の開催や製品の無償貸出、また、プログラミング学習用のソフトウェアを用いた、全16回の講座資料を無償で提供する。

教育ICT 小学生
【v教育ICT Expo】プログラミング教育支援「Makeblock STEAM On Board」研修・講座資料の無償提供
  • 【v教育ICT Expo】プログラミング教育支援「Makeblock STEAM On Board」研修・講座資料の無償提供
 2020年度より小学校で新しい学習指導要領が本格実施され、プログラミング教育が必修化された。しかし休校措置が長引く中で、授業準備や教材研究を進められない学校や先生方が多い。「バーチャル教育ICT Expo」では、こうした状況において子どもたちを、そして教育現場を支援する選りすぐりのサービス、プロダクトを紹介していく。

サービス名


 教育関係者向けの支援プログラム「Makeblock STEAM On Board」
 プログラミング学習ソフトウェア「mBlock 5」

提供者


 Makeblock Japan株式会社

カテゴリー


 デジタル
 ICT機器
 プログラミング・STEAM

サービス詳細(動画)




公式サイトへ

サービス概要


 Makeblockは、2013年に中国深セン市で設立されたSTEAM教育ソリューションのプロバイダー。140を超える国・地域において事業展開をしており、良質な教育ソリューションを教育機関および家庭に対して提供することをミッションとして、25,000を超える学校に対してSTEAM分野で利用できるハードウェア、ソフトウェア、学習コンテンツを導入している。
 この度、STEAM教育・プログラミング教育の推進を目的として、教育関係者向けの支援プログラム「Makeblock STEAM On Board」を立ち上げた。第1弾として、プログラミング初学者向けの講座を取り扱うオンライン勉強会を開催した。講座の実践で使用したスライド資料や動画の受け取りは、公式サイトへの登録で行っている。
 当ページ来訪者向けの特典として、「ソフトバンクセレクション」にて2020年6月30日まで利用可能な、初心者向けのプログラミングロボット「mBot」の30%OFF割引クーポンを提供(決済方法を選択後、クーポンコード「mbotcs」を入力)。
 また、Makeblockが支援する東京大学のSTEAM教育に関する研究会への参加者を募集している。STEAM教育に関心のある教育関係者(教職員、研究者など)が対象である(お問合せ先:jp@makeblock.com)。
クーポンを使って製品を購入する
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)